ピクシブ百科事典

ゾディ・アック

ぞでぃあっく

ゾディ・アック(Z'OD-IACOK)とは、「ガンダムセンチネル」に登場する架空の兵器である。
目次[非表示]

機体解説

ガンダム・センチネル」に登場する、ネオ・ジオン軍が開発した試作型可変モビルアーマー
全長200mを越える大型機で、地球侵攻作戦の際の低軌道制空用兵器として開発された。外観は旧世紀の宇宙用ロケットを思わせるフォルムとなっている(対峙したストール・マニングスリョウ・ルーツは共に教会の尖塔<ピナクル>を連想している)。これほどの大きさとなると軌道変更の際のプロペラント消費が膨大なものになるが、大気圏上層部の大気を利用することによって、プロペラント消費を押さえた軌道変更を可能としている。

また、中心線から上下に機体の分離が可能となっている。その状態の機体は「ゾアン」と呼ばれ、それぞれが「ゾアンI」、「ゾアンII」とされ、機体の各部を展開して格闘戦形態に変形することが出来、巨大なビームサーベルや準サイコミュ式の有線式ビーム・クローを展開する。巨大な機体後方のユニットは単体での航行・大気圏再突入が可能となっている。胴体中央部には大型のメガ粒子砲が装備されており、合体状態では機首部が大きく上下に分割し、内面に備されたIフィールドジェネレーターにより、正確に目標に誘導される。大型メガ粒子砲の威力はコロニーレーザーを除けば最強クラスである。それ故に、本機は全身が巨大なメガ粒子砲であるといえる。この装備は単体でも使用可能だが、メガ粒子砲を連射する際のエネルギーチャージや冷却系にトラブルが発生し、結局機体の構造上問題の解決には至らなかった。

サイコミュの導入も検討されていたが、メガ粒子砲関連のトラブルが続出したために計画は見送られることとなり、結局大気を利用した軌道変更の実験をした後に欠陥機として廃棄処分が決まった。ニューディサイズ残党に対し、ネオ・ジオン軍は地球連邦軍との宣戦布告前であり地球連邦軍同士の内乱を傍観する立場を取っていたので、欠陥を彼らに告げずに厄介払いと表向きの協力のため、ゾディ・アックを譲渡した。ただし、譲渡の際にネオ・ジオン軍のエンブレムが入ったままであり、それは消されずにα任務部隊との戦闘が行われた。

雑誌『モデルグラフィックス』の連載時には登場しなかったものの、別冊化の際に新たにデザインされ、本編に登場している。「ゾディ・アック」の名前は黄道十二宮に由来しており、史実における宮古湾海戦で活躍した軍艦「回天丸」をモチーフにしていると考えられる。

劇中での活躍

ペズンの反乱終盤でニューディサイズに譲渡され、トッシュ・クレイファスト・サイドが搭乗。トッシュの立案によりこの機体自体を質量爆弾として連邦軍総司令部を爆撃するという作戦(小型コロニー落としのようなもの)に使用するべく実戦運用される(その際、大型ミサイルが実装された)。しかし、大気利用による軌道変更には成功したが、ゾアンIとゾアンIIに分離した際に、メガ粒子砲関連のトラブルによりゾアンIIは自壊・爆散してしまい、残るゾアンIも質量弾としての軌道に乗せることには成功したものの、地球連邦軍α任務部隊のSガンダムによって撃破されている。

機体バリエーション

ゾディ・アック量産型

ゲーム『SDガンダム Gジェネレーション』シリーズに登場する架空の兵器。
ゾディ・アックの発展量産型で、ベース機の抱えていた数々の欠点を改良した上で、生産性を重視して機体をコンパクト化している。メガ・カノン砲の威力こそ初期型に劣るものの信頼性は飛躍的に向上しており、大気圏突入能力やビームサーベルを用いた接近戦能力なども健在である。コストパフォーマンスに優れたMAであり、地球侵攻作戦の主力部隊へ配備する予定であったが、当時のネオ・ジオン技術陣は、準サイコミュ搭載MSの設計に追われており、本機の開発は設計段階で打ち切られたとされる。

関連タグ

ガンダムセンチネル モビルアーマー
トッシュ・クレイ ファスト・サイド

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾディ・アック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8682

コメント