ピクシブ百科事典

ブラックマイトガイン

ぶらっくまいとがいん

ブラックマイトガインは、アニメ『勇者特急マイトガイン』に登場するロボットの名前である。 (イラスト左)
目次[非表示]

黒い力を正義に変えて、灯せ悪への赤信号。勇者特急ブラックマイトガイン、声援受けて只今推参!

概要

CV:松本保典

 アジアマフィアのボスホイ・コウ・ロウが、打倒マイトガインの為の尖兵としてガインのGシステムをコピーして制作した「ブラックガイン」を中心としてマイトガインの合体システムをコピーした機体。
しかしコピーしたGシステムを解析も改変もせずにそのまま再現した為「正義の心」までコピーしてしまい、ブラックガインに人命救助の為に身動きの取れないガインを襲わせようとしたものの、ブラックガイン自身はガインを倒すどころか人命救助の手助けをした挙句に「自分は正義のロボットだ」と言い出し勇者特急隊に付いてしまうなど散々な結果に終わってしまう。

 しかし諦めの悪いホイはブラックのAIを支配するコントローラーを使い当初の思惑通り悪の尖兵とし、ブラックロコモライザー、ブラックマイトウイング(チンジャ・ルースが搭乗)、ブラックパイルダーと合体してブラックマイトガインと化す。

暗い翼に殺意を乗せて、灯せ不幸の赤信号。悪者特急ブラックマイトガイン、定刻破って只今到着!

 ブラックに侮辱されたガードダイバーホーンボンバーは潰しに掛かるも、
7万馬力の差を跳ね返せず転倒。

 マイトガインの「縦一文字斬り」で破れる(おそらく装甲の材質が劣っていたものと思われる)が、ガインを乗っ取ろうとコントローラーを切り離され正義の心を取り戻しマイトガインを守るためにコントローラーもろとも自爆。停止寸前に苦手だった早口言葉を言おうとするも事切れる。

 長い時間修理される事なく放置状態であったが、ブラック・ノワールとの最終決戦後、他の特急隊メンバーと共に修復されているのを見ることが出来る。


余談

  • ブラックガインは右腕に変形するため、物理上はロコモライザーが片方壊れても再合体ができる。
  • ガインさえ使わなかったガインバスター(ロコモライザーの"アンテナ砲")を多用する。
  • ブレイブサーガ』シリーズに於いて原作での悲劇的な結末を回避する救済処置がなされており、マイトガインとの夢の合体技『十文字斬り』を披露している。
  • 当時品はないのだが最小変形、スーパーロボット超合金など立体化に恵まれている。
  • 正義に目覚めると名乗り口上が上記の「黒い力を正義に変えて、灯せ悪への赤信号!勇者特急ブラックマイトガイン、声援受けて只今見参!」になる。

関連タグ

マイトガイン 
ガイン 
ガインショットが効かない
勇者特急マイトガイン

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックマイトガイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2820

コメント