ピクシブ百科事典

勝田線

かつたせん

かつて存在した日本国有鉄道の鉄道路線。
目次[非表示]

かつて国鉄に存在していた地方交通線で、吉塚駅(福岡県福岡市博多区)と筑前勝田駅(福岡県糟屋郡宇美町)の間13.8kmを結んでいた。第一次特定地方交通線に指定され1985年に廃止された。

歴史

元々は「筑前参宮鉄道」という名の私鉄で、沿線にあった糟屋炭田の石炭輸送(運炭)と宇美八幡宮への参拝客輸送を目的とした鉄道であった。

1942年に同じく糟屋炭田に沿線を持つ博多湾鉄道汽船や九州電気軌道(後の西鉄北九州線)・九州鉄道(後の西鉄大牟田線)・福博電車(後の西鉄福岡市内線)と合併して成立した西日本鉄道の宇美線となったが、1944年に元博多湾鉄道汽船(ただし新博多~宮地岳間【後の西鉄宮地岳線】を除く)に相当する糟屋線とともに戦時買収されて「国鉄勝田線」となった。(糟屋線は「国鉄香椎線」になった)

糟屋炭田の炭鉱閉山により急激に衰えてしまったが、沿線は福岡市ベッドタウンにあり宅地の増加により利用客を増加させる可能性は十分にあったにもかかわらず、末期まで一日6往復(休日は7往復)しかないダイヤで国鉄は何も改善を行わず、並行して運行していた西鉄バスに利用客を奪われた。廃線間際になって吉塚駅近くに福岡県庁が移転した後も国鉄はこの路線に対して何も改善を行わなかった。そして第一次特定地方交通線に指定されて1985年に廃止された。

この廃線事例は、大都市近郊にありながら、特定地方交通線に指定され廃止されるという当時の国鉄のローカル線に対するやる気の無さを挙げる例として有名であった。同じ地域に沿線を持つ香椎線や篠栗線、同じ福岡近郊の特定地方交通線であった国鉄甘木線(一日7往復しかなかったが第三セクター甘木鉄道に移管されたのち大幅に増発)が増発や車両更新、新駅設置などにより活況を呈したのとは対照的であった。

駅一覧

駅名乗り換え路線備考
吉塚
  1. 鹿児島本線
  2. 篠栗線
御手洗読みは「みたらい」。「おてあらい」ではない。跡地は志免駅跡まで続く公園になっている
上亀山跡地は公園になっている
志免志免炭鉱最寄り。香椎線酒殿駅と貨物線(香椎線の支線)で接続されていた。跡地は公園になっている
下宇美跡地は遊歩道になっているが、ホームは残っている
宇美香椎線香椎線の宇美駅とは100m離れていた。跡地は香椎線宇美駅の駅前広場になった
筑前勝田跡地はスーパーマーケットになった


余談

勝田線の宇美駅と香椎線の宇美駅は同じ駅名でありながら100mほど離れていた。これは元になった鉄道会社が別だったからである。(筑前参宮鉄道と博多湾鉄道汽船)
※ただし、貨物線で香椎線と勝田線は繋がっており、これを利用して客車列車時代の特急かもめ」の編成の方向転換を行った時期があった。

pixivに投稿された作品 pixivで「勝田線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1537

コメント