ピクシブ百科事典

戦艦棲姫

せんかんせいき

深海棲艦の一種。
目次[非表示]

『アイアン・・・ボトム・・・サウンドニ・・・シズミナサイ・・・』

概要

艦隊これくしょん艦これ)における2013年11月のイベントの最終面、第5海域(通称E-5)「サーモン海域最深部」のボス。その名の通り、クラスは戦艦。

同年8月のイベントではE-4が最終面という事もあり、今回のイベントもE-4が最終面と思われていた。しかし、イベント前の運営ツイッターで、更にその先の存在を匂わせている発言がされており、実際にE-5の存在が確認された時は、多くの提督たちを戦慄させた。

デザイン

他の姫にもれず人型の女性姿。
ただし戦艦棲姫は今までの深海棲艦とは一線を画すデザインをしており、なんと本体と艤装がそれぞれ独立している点にある。実際は本体のうなじから伸びた太いコードで艤装と繋がっているのだが、その主従のように二体で一体というデザインは今までの深海棲艦にはなかった形である。
またそれにともなって人型のほうもより人間らしいデザインになっており、見た目としては非常に長い黒髪とネグリジュのようなワンピースが特徴だ。他の深海棲艦同様に瞳は真紅であり、その額には鬼のように一対の角が生えている。
また艤装部分はまさに猛獣といった意匠をしており、イメージ的には軽巡ト級を戦艦クラスまで凶暴化させたような印象を受ける。
その絵図はまさに「美女と野獣」そのものであり、深海棲艦の新たなデザインの一端を見ることができるだろう。

性能

その性能はもはやふざけているとしか言えないレベルであり、先ず素の火力はかの南方棲戦姫を超える180(日頃のみんなのトラウマこと戦艦ル級flagshipのちょうど2倍、ちなみに装備の火力を合わせると227となる)。更に装甲は飛行場姫を上回る160。そしてその耐久は400。さらに護衛僚艦には装甲空母姫装甲空母鬼がいる、という「とんでもない」ではとても片づけられないほどの相手である。
護衛姫たちはこれまでと同様旗艦への攻撃を庇ってくるため、生半可な戦力・構成で挑むと夜戦を経てすら戦艦棲姫にまともなダメージを与えられないという最悪の事態に陥ることもある。
そのため遠征による決戦支援艦隊を出すことも加えて、護衛姫たち(最低でも浮遊要塞3つ)を昼の間に安定して叩き潰せるだけの火力とある程度の運が必要になる。


サーモン海域最深部(E-5)

そしてやはりというべきかこのE-5マップ、最初のマスの泊地棲姫(E-2ボス)に始まり、道中の敵は軒並み鬼、姫、Flagshipクラスが勢揃いという、見事なボスラッシュマップである。しかも、ボス戦(とハズレルート終点)以外は夜戦スタートであり、前回8月のイベント最終面E-4を軽く凌駕する難易度を誇る。前回イベント最終ボスの南方棲戦姫が道中ボスとして出現する…と言えばどれだけの熾烈な難易度かお解かりであろう。
それら道中のflagshipクラス、鬼、姫を楽勝で叩き潰せるだけの力がなければE-5をクリアすることは厳しいものとなる。
その前のE-4という地獄に続くさらなる地獄に心が複雑骨折を起こしかけた提督もいたことであろう(ただしE-4に比べると道中でのカットイン攻撃が少ない上、ルートによっては道中2戦で済むため、ボスまでの辿り着きやすさはE-4と比べてマシなほうであり、その点においてE-5はE-4よりも「マシ」であったと感じる提督も少なからずいる)。
事前の準備と相応の艦隊のレベル、そして根気と運…全てを兼ね備え、総力戦で望まなければ突破する事は容易ではないだろう。

これらの苦難を乗り越え、見事戦艦棲姫を倒す事が出来れば、戦艦武蔵を入手できる。
この絶望に絶望が重なるイベントを勝ち抜いてきた勲章となるであろう。


ただしさらなる高みを目指す提督の中には、E-3を回して阿賀野のボスドロップを狙う通称「E-6」、さらに終了一週間前に追加された矢矧のボスドロップを求めてE-5を回す通称「E-7」へと歩を進めるものも多くいた。

秋イベント海域の闇はどこまでも深い……。


『イツカ・・・シズカナ・・・ソンナ・・・ウミデ・・・ワタシモ・・・』

関連イラスト

\シズミナサイ/
イツカ シズカナ ソンナ ウミ デ


夜戦
戦艦棲姫【小】



関連タグ

深海棲艦

pixivに投稿された作品 pixivで「戦艦棲姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1713882

コメント