ピクシブ百科事典

牛魔王

ぎゅうまおう

中国の冒険小説「西遊記」に登場する白牛の妖魔。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ドラゴンボール』の登場人物。→牛魔王(ドラゴンボール)
  2. 『映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』の登場人物。

これらに関してはまとめて後述する。

『西遊記』

号は平天大聖(へいてんたいせい)。大力王(たいりきおう)と言う別称を持つ。
正妻が鉄扇公主羅刹女)、第二夫人に玉面公主、息子が紅孩児(聖嬰大王)、実弟に如意真仙・・・と一族郎党が名だたる大妖魔である。

物語の主人公・孫悟空とは、孫悟空が「斉天大聖」を名乗っていた頃からの義兄弟の間柄。因みに牛魔王が長兄で、間に5人の妖魔の義兄弟が居り、悟空は末弟である。
悟空が天界を相手に反乱を起こし、釈迦如来に調伏されてからは離れ離れになってしまっていたが、悟空一行が取経の度の折「火焔山」を通りすがった際に、悟空が神宝「芭蕉扇」(ばしょうせん)を巡って鉄扇公主を激しく痛めつけた事に激怒。よりも大きな巨大なに変身し、悟空を相手に激しい死闘を繰り広げた。
最終的に哪吒やその父・托塔李天王毘沙門天)ら天界の軍隊に拠り調伏(結構エグいので詳細は省略)され、鉄扇公主の嘆願もあり降伏する。最後は鉄扇公主共々仏法に帰依する事を誓い、天界に護送される。

因みに、「西遊記」の妖魔は、通常三蔵法師を見ると食指を動かされてさらっていこうと画策するのが常だが、牛魔王は三蔵法師には興味は無かったのか、或いは「悟空憎し」の気持ちが強すぎてそこまで目を向ける暇が無かったのか、悟空vs牛魔王の戦いの際、珍しくも三蔵法師は身の危険に晒される事が無かった。

日本の西遊記系列の作品ではことあるごとにラスボスにされるが、実際は西遊記の中盤に登場する妖怪である。

その他の作品では

『ドラゴンボール』

CV:郷里大輔(無印、Z、改4話 - 18話)、大友龍三郎(改55話 - 、映画『神と神』)
孫悟空の嫁であるチチの父親。

フライパン山に住む4メートル強の大男で、亀仙人の2番弟子にあたる。かつては「悪魔の帝王」とまで巷間で恐れられるほどの大強盗で、武道界でも名を知られた存在だった。然し、師匠の亀仙人に無益な殺生を戒められてからは徐々に温和な性格になって行った。後にフライパン山を離れ、麓の村に屋敷を建てて暮らすようになるが、チチと悟空の祝言の折には村人がその準備を手伝うなど、関係は良好のようである。
詳細は牛魔王(ドラゴンボール)を参照。

ドラえもん

CV:柴田秀勝
映画『パラレル西遊記』に登場する、本作のラスボス。人間を一掴みにするほどの巨体であり、巨大な青龍刀を武器に使う。最終決戦では身長35m、体重2万tにまで巨大化した。
本来はひみつ道具『ヒーローマシン』のカセットに登場する単なる悪役だったのだが、ドラえもんとのび太の手違いにより現世に解き放たれ、他の全ての妖怪を従え、三蔵法師を捕えて食い殺してしまう。更にそれだけでは飽き足らず、地球全土に宣戦布告、ついには人類を全て奴隷化してしまった。
歴史改変に巻き込まれなかったドラえもんたちは唐代に飛び、辛くも牛魔王一味を打ち果たし、歴史を修復することに成功した。

しかし、SFC専用RPGギガゾンビの逆襲』にて復活を遂げる。ドラえもんによって捕縛され、タイムパトロールに引き渡された時空間犯罪者・ギガゾンビ(『のび太の日本誕生』に登場する23世紀人)によって蘇らされると、面従腹背を繰り返した末にギガゾンビを見限り、ついにはタイトルにあるギガゾンビを差し置いて真のラスボスと化し、ドラえもんたちの前に立ちはだかる。

『映画スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』

CV:安元洋貴
孫悟空達が魔王に操られしまい物語が続かなくなったためプリキュアたちに加勢することに。
「助けてなんて言ってない!」と救出を拒むニコ
 「ヘッ、そんな泣きそうな顔して何言ってやがる…! 助けてほしいなら素直にそういえ!」
と説得するなど、矢鱈に男前でかっこいい。

pixivに投稿された作品 pixivで「牛魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 324017

コメント