ピクシブ百科事典

猫娘

ねこむすめ

猫の特徴を持った女性。特に、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する同名のキャラクターを指すことが多い。
目次[非表示]
  1. 猫耳や猫の尻尾など、の特徴を持ち合わせた女性の事。キャットウーマン
  2. OVA作品のタイトル→万能文化猫娘
  3. 水木しげるの漫画作品『ゲゲゲの鬼太郎』に登場するキャラクター、若しくは同キャラを描いた作品につけられるタグ。


当項目では3について説明する。

「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘について

普段は可憐な人間の少女の姿だが、怒ったり興奮した時や、敵と戦う際や、ネズミ(ねずみ男も含む)や生魚、鰹節などを見た時に一変して凶暴な化け猫となる。ねずみ男同様人間と妖怪のハーフだが、妖怪としての潜在能力はねずみ男より格段に高い。ニュアンスとしては化け猫のひとつである猫又に近いか。
また、猫の身体的特徴を有する事から、ねずみ男にとっては最大の天敵とも言える存在であるが、喧嘩するほど仲がいいという感じで、彼を助けることもある。
一部資料では「鬼太郎のガールフレンド」とする設定もあるが、原作ではその設定については曖昧であり、またハッキリと世界観にその設定が反映されたのはアニメ4期目以降である(因みにアニメ第3期では事実上、猫娘の片思いに近く、人間側の代表的キャラ・天童ユメコと鬼太郎を巡っての鞘当が頻繁に見られた)。

原作には様々なタイプの猫娘妖怪、猫女妖怪が登場しているが、殆どが1話限りのゲストキャラクターだった。アニメ版と同様の大きなリボンを結んだ猫娘が原作で登場して定着したのはアニメ3期目放送の頃に連載していたシリーズからであり、ある意味アニメ版からの逆輸入キャラクター。

容姿

容姿は、原作でもアニメでも白いブラウスに赤~ピンクの吊りスカートとおかっぱ頭が基本だが、アニメ第2期だけは白い襟の付いた赤に黄色の大きな水玉模様のワンピースを着ている。コミックボンボンで漫画家・ほしの竜一が連載していた「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪千物語」第1部では西洋の漆黒ドレスを着用、髪は肩ほどの長さのセミロングだった(第2部からはアニメ第5期同様の風貌へと変更)。ちなみに後頭部に結んでいるリボンは第3期のみ赤で、第2期・第4期は薄いピンク色、第5期は濃いピンク色である。
耳自体は人間のものとさほど変わらない為、リボンの形状で猫をイメージする猫耳を表しているのかもしれない。

ある意味では6期とも言えるパチンコ版では、ショートヘアー(『ブラック鬼太郎の野望』)やポニーテール(『地獄からの使者』)、おかっぱだが雰囲気がこれまでと異なるバージョン(『妖怪頂上決戦』)など、様々な髪型どころか体型や顔まで完全に異なるバージョンがいくつかある。中には、従来のイメージからも離れているケースもある。ちなみに、5期に一番近いデザインをしている『地獄からの使者』バージョンは、猫神様という巨大なスタンド口寄せして戦わせる能力?があり、純粋な戦闘力ではぶっちぎりの歴代一である。また、『ブラック鬼太郎の野望』にはクローンである黒猫娘が登場する。

アニメ5期

猫娘


シリーズによってその容姿を変化させてきた猫娘だが、2007年のアニメ第5期では、キャラクターデザインの上野ケンによって完全な萌えキャラへと変身した。5期での公式表記は「ネコ娘」。

声優も今野宏美で、めちやくちゃ可愛い。キャラクターソング『NADE-NADEして』は名曲である。

髪型がショートヘアになり、大きな猫目、頭身もかなり伸びるなど、より現代的なデザインがなされている。服装も季節や出かけ先で様々な服を着こなし、ファッションセンスも高い。

アントキノネコその10
モンモン・モンスターのぬこ♪


人間界で様々なアルバイトをしており、キャンギャルバスガイドメイドゴスロリなど多様な衣装・コスプレをする。アルバイトの際には「猫田宏美」「根古宏美」「猫野塚宏美」と名乗っている。
ビキニ制服ナース服姿なども披露。RPGゲームの中に入った際には海賊勇者など様々なコスチュームで戦った。

ネコ娘だよ全員集合


2007年11月制作の劇場版『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』では、「ご当地ネコ娘」と題して日本全国公開地域ごとに、チャイナドレスチアガールくノ一など様々なご当地コスプレを劇中で披露した。

性格は勝ち気だがわがままなところが無く、素直で純情。お節介な面・世話好きな面があり、他者には基本的に親切である。加えて面倒見が良い反面口うるさいなど、母性型と思われる一面がある。
鬼太郎親子によく食事を作っているが、洋菓子作りに限っては苦手。
人間に対しては鬼太郎より友好的であるが、悪人に対しては「食い殺す!」と敵意をあらわにすることもある。また、鬼太郎に関しては極端なヤキモチ焼きであり、美人の依頼者が鬼太郎に近づくのを嫌う。雪女葵とは恋のライバル。

他の妖怪らと鬼太郎親子の橋渡し役を買って出ており、仲間の妖怪からの信望は厚い。天狗ポリスとは特に親密な間柄であり、大天狗や黒鴉には目をかけられている。
妖怪横丁の仲間では、ろくろ首と人間界で一緒に働くこともあるため特に仲が良く、「猫ちゃん」「ろくちゃん」と呼び合っている。

直接的パンチラシーンは描かれなくなったが、下着そのものはバスガイドのバイトの際に1度晒したことがある(このストーリーの中で紹介された面接では、履歴書に21歳と記載していたものの外見が中学生くらいにしか見えないと試験官に言われ、化け猫顔で怒っていた。 )。

5期でラクシャサ


その人気から、活躍するエピソードをセレクトした2枚組DVD『ゲゲゲの鬼太郎 セレクション ニャニャニャのネコ娘』が発売された。豪華リバーシブル使用のパッケージでは、非常に際どい水着を披露している。

猫娘を演じた人々

アニメ

山口奈々(1作目)
小串容子(2作目)
三田ゆう子(3作目)
西村ちなみ(4作目)
今野宏美(5作目)

実写映画

『ゲゲゲの鬼太郎』『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』 田中麗奈

ゲーム

『ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』 宮村優子

関連イラスト

2/14
ねこたち


歴代猫ねずみ
孝行娘たち



関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 ネコ娘
キタネコ ねずねこ

pixivに投稿された作品 pixivで「猫娘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5127301

コメント