ピクシブ百科事典

黄昏ミミ

たそがれみみ

黄昏ミミとは漫画・アニメ『デュエル・マスターズ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要


CV:中島沙樹

漫画とアニメ「デュエル・マスターズ」シリーズの登場キャラクター。
切札勝舞より1歳年上で第1部では小学6年生。第2部からは中学1年生。初期アニメでは勝舞と同い年の小学5年生。
ロリ巨乳であり、とても小学生とは思えぬおっぱいの持ち主。髪型は癖の強い長髪で、服は露出の多い事が多い。 デッキケースには「33(=「ミミ」)」と書かれている。

デュエルでは主に水や自然文明のデッキを使う。
漫画がMTGを扱っていた頃からの登場人物であり、白凰が率いる白い騎士団四天衆の1人で
奇襲のミミ」の異名を持っていた。

デュエルのみならず肉弾戦闘能力も凄まじく代表的な技は「黄昏地獄拳」、
空手は20段(後に40段)であり、戦車で壊せないほど頑丈な扉をパンチ一撃で破壊するほどである。
数十センチある鋼鉄の扉に人が通れる程の穴を空けたり、ホテルから飛び降りたり不亜城で吹っ飛ばされたりしても、なんの問題も無く着地する、分身するなど人間離れじみた身体能力の高さを持つ。
漫画では勝舞に「妖姫シルフィ」、アニメでは「金剛の超人」、「ビクトリー」では切札勝太から「怪力ゴリラ女」と称された。

「黄昏 ナナ」という妹がおり、漫画の番外編と「SX」最終回に登場している

性格

テンプレート的な常識人ヒロインで、ギャグでツッコミで勝舞達が殴られる事もしばしば。
一方上記の異名の通り、序盤は可愛らしい態度と稚拙なプレイングで惑わせ、勝機と見るや態度を豹変させ一気に追い詰めるという、二面性を持って対戦相手を翻弄する戦法を取っていたがデュエマに移行してから段々と少なくなっていった。白凰に強い憧れと恋心を抱いており、話が進むにつれて純粋にデュエルの腕前を尊敬するようになっていく。また、勝舞を励ます場面も多い。

努力家で、白凰もミミのデッキ構築を褒めるシーンが度々存在している。漫画やアニメでは勝舞や白凰に比べて実力が劣る事に苦悶するシーンが存在している。

戦法

MTG時代に使用していたのはマナ加速から切り札の「マスティコア」や、土地の数だけクリーチャーを生む草陰の待ち伏せや自然の類似につなぐいわゆる青緑ビッグ・マナ系のデッキであった。
デュエマ(初期~ビクトリー)時代は水/自然で軽量クリーチャー戦術が基本で、初期はかの「アストラル・リーフ」と「スパイラル・ゲート」を主軸に、軽量のクリーチャーが大半を占め、「エメラル」によるシールド操作も行われている事から、少々速めのビートダウンである。
「SX」ではテラー戦にて、「アクア・ツバメガエシ」の侍流ジェネレートによって「超銀河剣_THE_FINAL」を無料ジェネレートし、場にあった「聖装 ネビュラ・ウイング」を「キューティー・ハート」(ブロックされない状態)にクロス、そのままTHE FINALもクロスしてブロックされないG・ブレイカを撃つという大型コンボを使用している。

アニメでは「無印」と「チャージ」では、ジャイアントを切り札にしたトリガーデッキを使用。 「チャージ」終盤では、デッキの40枚が全てS・トリガーになっている。
「クロス」以降は原作に似た水中心のデッキを使っているが、「超神羅ギャラクシー・オペレーションθ」や「サイバー・G・ホーガン」など大型クリーチャーも使用している。

実力自体は高く「ビクトリー」では初心者とはいえ勝太達を圧倒する強さを誇っていた、ただ上記の通り実力の低さを悩む場面が多く全国大会の予選ではDr.ルートに「自分のデッキも使いこなせんとはの~」と、零されるシーンも存在した。

アニメでのミミ

ミミが存在しない世界である新世紀デュエル・マスターズフラッシュを除くすべてのアニメタイトルに皆勤していたがVSRFにてついにその記録が途絶える。

初代デュエル・マスターズシリーズ

(ネタバレ注意)
最強のデュエリストチーム白い騎士団で四天衆を務めている少女。
導師の命令により勝舞に近づくが影から糸を引き勝舞の成長や行動を手助けしたりする。
女の子同士なためか沙雪と仲良くしていた。同じ四天衆である牛次郎のことが苦手らしい。
始めはぶりっ子をしていたが正体を明かしてからは普通に接している。
黒城とのデュエルにより真のデュエリストへと覚醒した。

ゼロデュエル・マスターズシリーズ

勝舞最大のライバル白凰の元チームメイトで彼に好意を寄せており、勝舞たちともよく一緒に行動している。
持ち前の怪力とジョージとの息の合ったコンビネーションを発揮し勝舞をいつも助けてくれる。
日本代表メンバー5人にストレートで選出されるなどデュエルの実力もあるようだ(主人公は敗者復活で選ばれている)。
天地龍牙というライバル兼幼馴染みがおり、基本的には相手にしていないがなんだかんだで応援してくれた。

DMV感想詰め


「ビクトリー」ではDASH専属のTVレポーター兼本部所属として活躍。10年後という設定なので、少なくとも22歳である。髪の毛は茶色に染め、胸もさらに大きくなった。
「黄昏ミミのデュエマ講座」と言う劇中のミニコーナーで、デュエマのルールなどをわかりやすく解説する事が度々ある。

ほとんどオタク顔の同じ顔をした大人数の男で構成された「黄昏ミミ親衛隊」が存在しており、公式大会などでその姿を見せるがミミのタイプではないので半ば迷惑している。 ビクトリーではさらに会員が増えた。
デュエマアニメのオタクネタの始まりみたいなものであり、ぶっちゃけは長らくミミのファンであったが流石に年月が経ったせいなのか、「VS」でハラグロXに乗り換えてしまった
「ビクトリーVS」ではセリフはなく回想シーンのみ。その後VSRになりリポーター姿で再登場した時にはまた黒髪に戻っていた。

余談

アニメ版「ハヤテのごとく!」に、ミミ役の中島氏が貴嶋サキ役で出ている為か彼女らしきキャラクターが出演しているパロディがあった。出番は一言だけだが、デュエル・マスターズ特有のキーワード能力であるS・トリガーまで持ち出している。さらに、該当話では明らかに勝舞を意識したキャラクターも出演した(声優も切札 勝舞の小林由美子氏が担当)。

2015年1月に中島氏が日野聡と結婚したことを公表したが、日野氏は同じコロコロホビーアニメの
メタルファイトベイブレードのキョウヤで役であり、どちらもメインキャラだった為、キッズアニメファンの中では「ミミちゃんとキョウヤさんがくっつくなんて」、と驚く声も聴かれた。

関連タグ

デュエル・マスターズ おっぱい ※小学生です

pixivに投稿された作品 pixivで「黄昏ミミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360150

コメント