ピクシブ百科事典

仙人(仮面ライダーゴースト)の編集履歴

2015-10-04 21:38:02 バージョン

仙人(仮面ライダーゴースト)

かめんらいだーごーすとのせんにん

仙人とは仮面ライダーゴーストに登場する人物である。メイン画像一番右の人物。

「わしは、誰でもあって誰でも無い」

演:竹中直人

概要

刀眼魔によって命を落とした天空寺タケルの前に現れた、仙人を名乗る謎の老人。
タケルに眼魔眼魂の事を教え、仮面ライダーゴーストへと変身する力を授けた。
また、「仮面ライダー」と言う名称を本作で初めて使用した人物でもある。

人物像

口調が急に軽くなったり重くなったりと安定せず、色々な面でつかみどころのない人物。テレビ朝日公式サイト曰く「全てを知っている」らしいが・・・?

また仙人を名乗るだけあって、瞬間移動や念動力等の不思議な能力を披露している。

劇中での主な行動

第1話にて初登場。命を落としたタケルが迷い込んだ謎の空間にて彼に接触。彼に様々な情報及びゴーストドライバーを授けてユルセンを派遣した後、彼を現世へ突き返した。
その後はタケルの戦いを見守る為、大天空寺の地下にある彼の研究室に(強引に)居候することとなり、その際に「99日以内に15個の偉人の眼魂を集めなければ今度こそ完全に死んでしまう」ということを伝えた。

関連タグ

仮面ライダーゴースト 

天空寺タケル・・・自ら力を与えた相手で、彼を見守っている様子
ユルセン・・・分身であり使い魔