ピクシブ百科事典

イマジナリーフレンド

いまじなりーふれんど

「空想の友人」のこと。心理学、精神医学における現象名の一つ。
目次[非表示]

概要

直訳すると『空想の友人』。
その名の通り、本人の空想の中だけに存在する人物であり、空想の中で本人と会話したり、時には視界に擬似的に映し出して遊戯などを行ったりもする。

自分自身で生み出した友達なので、本人の都合のいいように振る舞ったり、自問自答の具現化として、本人に何らかの助言を行うことがある。反面、自己嫌悪の具現化として本人を傷つけることもある。

人間関係という概念に不慣れな幼い子供に起こりやすい現象であり、特にアメリカでは多くの子供がイマジナリーフレンドを持つ。しかし現実の対人関係を学ぶことで、殆どの場合は幼少時に自然に消滅するため、イマジナリーフレンドを「忘れる」ことは、子供が健全成長するための通過儀礼であるとも言える。

なお、本人が重度のストレスに苛まれた時、自身の感情などをイマジナリーフレンドに転嫁させ、解離性同一性障害(いわゆる二重人格)になってしまう場合があるとも指摘されているが、無論イマジナリーフレンドを持った人間が必ずそうなる訳ではない。
イマジナリーフレンドそのものは、むしろ人間の成長過程では誰にでも起こり得る自然な現象である(起こらなかったら変という訳でもない)。

ただし最近の作品では「沼にはまったが故」生まれる場合がありそのほとんどのキャラは「オタク扱いされた者達である。

キャラクターとしてのイマジナリーフレンド

各種創作作品に、このイマジナリーフレンドがキャラクターとして登場することがある。
独自の設定として、『実は実在する存在であり特定の人間にしか見えない』『本人から分離して独立した存在になり騒動を起こす』といった要素が組み込まれている場合もある。

以下は各種創作作品に登場する、キャラクターとしてのイマジナリーフレンドの一例。
当人の自覚症状を問わず列記している。



また、沼にはまった故に生まれたイマジナリーフレンドもいる。
 (ただしどちらかと言うと「俺の嫁」的キャラである。)

関連タグ

心理学
空想 妄想 想像 イメージ
友人 通過儀礼

pixivに投稿された作品 pixivで「イマジナリーフレンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 530423

コメント