ピクシブ百科事典

キラキラネーム

きらきらねーむ

伝統的な命名法則から大きく逸脱した名前の総称。

概要

バブル期前後から目立ち始めた命名法則で、「珍名」の中でも特にきらびやかさを重視したものを指す。外国語由来の単語を組み込んでいる事も多い。
「キラキラネーム」自体の語源は、2000年ごろに開設された子供の命名を考えるコミュニティサイトとされ、それを大手育児雑誌「たまごクラブ」が同名の特集記事としてまとめた事で一般的に広まっていったと言われている

DQNネームへの揶揄や嘲笑が目立つネット上でも「キラキラネーム」の単語が使われる事もあるが、別に受け入れられたわけではない。それ自体が蔑称になっただけである。実はこれ、日本だけの現象ではなく、英語圏でも"bizarre baby name"とか"Exotic Name"などと呼ばれるキッチュなネーミングが流行しており、ネット上では馬鹿にされている。

物事は時と共に陳腐化してゆく。大正時代に当時最先端の都会的な若者を指す語として創作されたモボ」・「モガが今はレトロな語感になっているように、付けた時点で最先端のネーミングセンスであっても、年月が経てば必然的に古臭く陳腐なネーミングに化してしまう。先端的で異質な名付けであればあるほど。

こうした事が明らかになってくるにつれ、次第にキラキラネームも変質してゆく。あえてひらがなを混ぜるなど、柔らかさや親しみやすさを重視した命名が台頭し始めたのである。

また、個人の命名としても、漢字に強引に外国語の読みを当てたようなものは減少傾向にあり、代わって万葉仮名のような使い方をするものが増えてきているという。
2015年生まれの子供の名前を調査した結果では、男子の最多が「湊(そう、みなと、いちか)」、女子の最多タイが「さくらひらがな書き」「莉子(りこ)」であった。

・・・違う、そうじゃないとか言ってはいけない。

いずれにせよ、和風の命名が再び増加してきているのは事実であるものの、あくまで「キラキラ」させるための一要素でしかなく、伝統的な命名法則が復権したとは言い難いのが2010年代半ばの現状である。

関連項目

名前 人名 人名一覧
中二病 言葉遊び DQNネーム

pixivに投稿された作品 pixivで「キラキラネーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115106

コメント