ピクシブ百科事典

光学迷彩

こうがくめいさい

光学迷彩とは、物体を周りから見えないようにする技術。
目次[非表示]

概要

ステルス迷彩とも言われ、視覚的に対象物を周りからは透明のようにして見えなくする。英語では"optical camouflage"や"active camouflage"と表現されており、「光学迷彩」という語自体は漫画攻殻機動隊」の作中でこの名が登場し広まった。

マントやカバー状のものを被せるか、装甲や衣服の表面に透明化装置を直接埋め込む方法がポピュラー。また、原理としては以下のものが一般的。

  • 周囲の光景と同じ映像や柄を映し出して溶け込むカメレオンタイプ
  • 何らかの方法で光の屈折を制御し擬似的に透過させるタイプ
  • 科学技術以外に由来するタイプ

SFに登場する未来技術のイメージが強いが、最近は実用化に向けて研究が進んでいる。主に軍事目的で開発が進められ、兵士兵器を透明化しようという試みがなされている。

創作上における弱点

人間は外部から得る情報の多くを視覚に頼っているため、透明化の利点は非常に大きい。そのため、創作上ではどこかに決定的弱点を作らないと話が進まない。寧ろ弱点を作ることによって、その攻防によるカタルシスが生まれる。

  • 質量、熱、音を誤魔化すことは出来ないため痕跡が残ってしまう
  • 大量のエネルギーを消費するため使用条件が限られる
などがよくある弱点といえる。

前者は足跡足音で簡単にばれてしまう透明マントなどが有名な例で、他にも塗料や水の付着、粉塵や煙の揺らぎで居場所が割れたり、影が処理しきれずばれたり、特定の波長の光はごまかせず、それに対応したセンサーで丸見えになったりすることもある。
その一方でそれらの欠点を解決した新型が登場する事もある。

後者は光学迷彩展開中に装甲強度が落ちるブリッツガンダムが代表例として挙げられる。他の例として、武装を使う際には迷彩を解除する必要がある外部電源が破壊されると迷彩を維持できなくなる、といったものがある。

関連タグ

SF / 透明人間 / オーバーテクノロジー / 超兵器 / ステルス迷彩

登場作品(類似した能力を持つキャラクター、装置、テクノロジーなど)
ウルトラシリーズ(ネロンガエレドータス、ガッツシャドー、クロムチェスター)
エースコンバットX(グレイプニルフェンリア)
機動戦士ガンダムSEEDシリーズ(ミラージュコロイド搭載機)
攻殻機動隊シリーズ(17式光学迷彩、2902式熱光学迷彩(隠れ蓑)、3302式熱光学迷彩等)
紅殻のパンドラ
ゴルゴ13
スタートレック
センコロール
ゾイド(セイバータイガー)
東方Project(河城にとり)
透明少年探偵アキラ
ドラえもん(透明マント)
トランスフォーマー(リジェ)
ハリー・ポッター(透明マント)
プレデター
メタルギアソリッドシリーズ
勇者王ガオガイガー(ボルフォッグ、ファントムガオー)

外部リンク

光学迷彩 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「光学迷彩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 780907

コメント