ピクシブ百科事典

割烹着

かっぽうぎ

主に家事をするときに着用する薄手の衣服。男性も料理の時は着用する。概ね白色で、衛生目的で使用される。
目次[非表示]

概要

西洋でいうところのエプロンの一種である。
和服を汚さないための物で、日本で考案された。
発祥については諸説あるが、明治時代後期には存在が確認されいる。

割烹」とは調理作業全般を指す言葉(「割」は包丁での調理/「烹」は火を使った煮炊き全般)であり、転じて“手間暇をかけた和食料理”全般を指すようになり、大雑把に家事全般を指す言葉としても通じる。

pixivでは、割烹着に関するイラストにこのタグがつけられる。

形状

洋服の背中部分を切り開いたような形状で、の後ろに当たる場所とのあたりに留め紐などがある。いわゆるスモックのような形状に近い。
長さは一般的に膝丈ぐらいまでで、清潔感という観念からやはりが一般的。
口は弛んで手もとを邪魔しないよう、紐やゴムで締めることが出来るようにしてある。
この独特の形状は着物という衣服の性格を酌んだものであり、出来得るかぎり汚れが付く箇所を減らし、家事に必要な所作を邪魔しない機能性に適ったものといえる。

割烹着を着ることを正式には「掛ける」という。
これはエプロンや前掛け、などと同じように、本来は衣服を汚れから守る装備品であるため。

東西における区分

割烹着を文化とするならば、メイド服の文化である。
西のメイド服・の割烹着」と言ってもいいであろう。

関連タグ

衣類 着物和服) 和風 昭和 エプロン 前掛け
料理 台所 給食給食着給食当番) お母さん

水屋着(※日本伝統の作業着。割烹着の先輩)

裸割烹着 割烹着アイドル 忍玉割烹着

割烹着姿で知られる人物

現実

キャラクター


※追加があればお願いします

pixivに投稿された作品 pixivで「割烹着」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5275327

コメント