ピクシブ百科事典

松浦果南

まつうらかなん

「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するキャラクターの一人。
目次[非表示]

「私と一緒に__青い海の中を散歩してみない?」

プロフィール

誕生日2月10日
星座水瓶座
血液型O型
身長162cm
スリーサイズB83/W58/H84
趣味天体観測水泳
特技ダイビング操船
好きな食べ物さざえワカメ
嫌いな食べ物梅干し
CV諏訪ななか
担当カラーエメラルドグリーン
所属ユニットAZALEA


人物

ラブライブ!サンシャイン!!』のスクールアイドルAqoursに所属している浦の星女学院の高校三年生。青い髪と長いポニーテールが特徴。
ハグしよっ?」が決め台詞。
高海千歌とは幼馴染。初期設定のAqours加入動機は、姉妹みたいに育ってきた千歌がスクールアイドルをやり始める時に自分も誘われ、笑顔を振りまく事に自信が無いのと自他ともに認めるアイドルをやらなそうな見た目だったためすごく驚くも、何故かすんなり手伝ってあげる気になったというものだった。
近くの島(淡島)でダイビングショップを営む祖父との2人暮らしで、そのため特技がダイビングと操船。アピールポイントは家業を手伝っているうちに鍛えられた泳力と筋肉。海が好きで、内浦に生まれた事を幸せに思っている。趣味は天体観測水泳。「淡島ホテル」を親が経営している小原鞠莉も同じ淡島に住んでいるためG's版では一緒に通学しているという話が出ている。

果南本人はそうは思わないが、スタイルがいいとよく褒められるらしい。公式絵からも分かるように、なかなかのモノをお持ちである。テレビアニメ版では黒澤ダイヤからAqoursメンバー唯一のプロポーション持ちだと言われた。(他のメンバーは砂利扱い。ただし言った本人と、彼女が溺愛しているも砂利に含まれているかは不明)
ウェットスーツの下にビキニ(白黒横縞、縁取りはピンク)を着ており、スーツを脱ぐ時に胸のジッパーからビキニが見えるカットがいくつか描かれている。というかCD版以外のあらゆるメディアにそれぞれ1枚以上はある。

性格は、大人っぽくサバサバした性格で、あまり物事にこだわらない。落ち着いていてどこかクールな雰囲気を纏っている。頭空っぽの分切り替えが早いのだけは自慢だと初期の自己紹介でアピールしている。他人に喋りかける時は余裕のあるお姉さんな感じでフレンドリー。
スクフェスのDL画面で果南をタッチすると「ウインクしようとすると何故か両目を瞑ってしまう」と発言するが、実際には2ndシングル『恋になりたいAQUARIUM』やアニメ版のMVではバッチリとウインクを決めており、逆に1曲中に何度もウインクをしているのが確認できる。ちなみに初期の自己紹介に「千歌に言われたからウインクの練習くらいはしておく」という台詞がある。

体力が並外れているのが大きな特徴。ピンナップイラストにおいて運動後で疲れ果てているダイヤの手を引っ張って「まだまだあと30周は行くよっ♡」と言っているものがある。おかげで、二次創作では脳筋のイメージが定着しているが、性格はどのメディアでも至って常識人である。テレビアニメ版では毎朝長距離ジョギングと長い階段登りを軽くこなすのを日課にしており、某スクールアイドル式夏合宿特訓1日分(ランニング10km、腕立て腹筋20セット、精神統一、発声、ダンスレッスン、遠泳10km)を共に制覇した他のメンバーは倒れ伏している中で果南だけ多少息を切らせている程度のスタミナおばけ。
2017年2月25~26日開催のAqours 1stライブにおけるアニメでは、一通りライブをやり遂げたタイミングで「あと100曲はいける」だの「200曲は余裕」だのと言ってのけた。

名前が公表される前に某匿名掲示板の安価スレで「ダイソン」というあだ名を付けられたため、それが定着してしまったラブライバーもいるとかいないとか。

Aqours第2回(3rdシングル)センターポジション総選挙において1位を獲得
3rdシングル『HAPPY PARTY TRAIN』のセンターを務める事が決定した。

テレビアニメ版

テレビアニメ版では開始当初、ダイビングショップを運営している父親が怪我で療養しており、家業を手伝うために休学していた。しかし3年生に進級しており、2年生時点での出席日数は足りていたようである。

幼馴染の千歌や渡辺曜とは親しく日常会話をしたり千歌から飽きるほどみかんのお土産をもらったりする仲だが、小原家のヘリを見て苦虫を噛み潰したような表情をしていたことから、二人の間、あるいは両家の間に何かあったことを匂わせていた。
千歌が1話でスクールアイドルを始めると言い出した時は「応援してる」と返しつつも作業の手を一瞬止めており、続く3話において千歌・曜・桜内梨子の3人による初ライブを体育館裏で聴いていた時はその顔から切ない雰囲気を出していたなどの事から、スクールアイドルに対しても良くない感情を持っている描写があった。
6話にて復学届を提出し学校に戻る。小学校から一緒の小原鞠莉、それ以前からの付き合いの黒澤ダイヤとは性格をよく知っている幼馴染だが、物語中盤まで鞠莉と会話する時の果南の顔はずっと険しいものであった。

5話・7話と本編に全く出て来ない回すらあり、キャストに「松浦果南 諏訪ななか」とあってもそれはメンバー全員によるアバンの「前回のラブライブ!サンシャイン!!」やアイキャッチ「ラブライブ!サンシャイン!!」コールのみといった状況も続いたが、第9話にて、今まで鞠莉とすれ違っていた理由が明らかになったため、その真意を経た後に晴れてメンバー入りと相成った。
>果南の過去についてのネタバレはこちらの記事に記載。

Aqours加入後は、はっちゃけるダイヤ&鞠莉を尻目に、唯一常識人の三年生という落ち着いた立場でメンバーを見守り時にアドバイスしながら活動しており、経験を活かしてダンスコーチと振り付け決めをしている。上記の通り人並み外れた体力が目立つ。
学校の統廃合は阻止したいが、一年生の時にあったラブライブ!で必ず勝ちたいと言う必死な想いは今は無くなっていると自覚している。

鞠莉、そして小さい頃にいつも遊んでいた千歌は果南のことを、後悔を嫌い多少のアクシデントくらいで好きな事をやめたりしない、どんな失敗をしても笑顔で次に走り出して成功するまで諦めないと評価している。幼い頃からハグが好きで、親愛の挨拶時や友達とのじゃれ合いなどで事あるごとにハグをしているが三年生になってからはあまり見られない。
スクールアイドル部のお祝いには高級の刺身各種を大きな舟盛りにした物を部室に持ってきた。気持ちが落ち着かないとその辺りを走ってこようとする。第12話で地元の学生ファン1人に名指しでサインをお願いされた。
夏休みの学校練習後は学校のプールに練習着のまま飛び込む(第13話では果南の後に善子、鞠莉が続く)。セリフから考察する限り果南はダイヤに咎められても着衣飛び込みを繰り返し率先してやっている模様。

余談

果南の実家のモデルになっているのは、内浦に実在するあわしまマリンパーク施設内のカエル館。
またアニメ放映とちょうど同じくして、伊豆半島の反対側を舞台とし、ダイビングをテーマにしたアニメ(あまんちゅ)が放映された。伊豆やダイビングに興味をもたれた方はそちらもぜひご覧いただきたい。ちなみに原則論ではスクーバダイビングをするのに免許(ライセンス)は必要ない。世間一般にライセンスで呼称されているのはダイビングの世界的な信用ある団体が設けた安全や基本技術習得の認定でしかないので公的な資格ではない。(正しくはCカード)しかし実際には安全上それがないと潜らせてもらえないところがほとんどである(体験ダイビング除く)。

漫画版

初期設定通り、千歌の一番の親友として登場。千歌の家で食事を取ったり、食事処で一緒に接客の手伝いをしたりしている。
千歌がμ'sに大ハマりし、スクールアイドル部を立ち上げる決意をした時に真っ先に声を掛けられたため、スクールアイドル部2人目のメンバーとして活動している……と千歌は考えている。練習のメドも立っていない現段階で果南本人はまだOKとも言っていないのだが千歌の情熱に負けて否定はしないであげている。

性格は少々天然が入っているが落ち着いた冷静さを持つのに加えて、興味の薄い話題は話半分に聞く態度を取るなどして、押しの強い千歌をうまくあしらっている。スクールアイドルを全く知らないという具合に流行り物にはかなり疎い。

関連イラスト

果南
無題


果南お姉ちゃん
果南ちゃんおめでとぉぉぉ‼︎



関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours AZALEA
ポニーテール ウェットスーツ ダイビング 海賊
HAPPY_PARTY_TRAIN

pixivに投稿された作品 pixivで「松浦果南」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11825968

コメント