ピクシブ百科事典

60式自走無反動砲のコメント

ろくまるしきじそうむはんどうほうのコメント

戦後、日本がはじめて開発した装甲戦闘車量。その名の通り1960年に制式化され、61式戦車や60式装甲車と共に自衛隊の装甲車両として「ゴジラ」等でも活躍している。普通科(歩兵)によって運用され、歩兵直協のための対戦車火力として配備された。現在は各種対戦車ミサイルが揃う事もあって退役している。

コメント