ピクシブ百科事典

60式自走無反動砲

ろくまるしきじそうむはんどうほう

戦後、日本がはじめて開発した装甲戦闘車量。その名の通り1960年に制式化され、61式戦車や60式装甲車と共に自衛隊の装甲車両として「ゴジラ」等でも活躍している。普通科(歩兵)によって運用され、歩兵直協のための対戦車火力として配備された。現在は各種対戦車ミサイルが揃う事もあって退役している。
目次[非表示]

戦後初の日本AFV

開発は1954年、防衛庁技術研究所が新型無反動砲(60式106mm無反動砲)を開発した事にはじまる。
翌1955年、調達予算執行の際に『クレーム』がつき、
こうして「新型無反動砲搭載の自走砲」の開発予算がつく事となった。

開発作業は小松製作所と三菱重工業の2社に競争・試作が委ねられている。

60式106mm無反動砲

元はアメリカ製の「M40」106mm無反動砲である。
これに日本独自の改修を加えてジープ、のちに73式小型トラックにも搭載した。
なお「106㎜」とは言われるものの、実際には105mm口径である。
これは前身である「M27」も105㎜なので、間違えないように配慮しているのだ。

砲弾は成形炸薬弾(HEAT弾)や粘着榴弾(HESH弾)、フレシェット弾に通常の榴弾が用意されている。

成形炸薬弾(HEAT弾)

榴弾の一種で、特殊な炸薬の配置をする事で対戦車用兵器となった。
爆発の熱と圧力で敵の装甲を打ち破る。
詳細はWikiにて。

粘着榴弾(HESH弾)

こちらも榴弾の一種だが、
こちらは命中後に弾頭の爆薬がつぶれて敵に吸着、装甲外側で爆発させて反対側に衝撃を伝える。
すると伝わった衝撃は装甲を砕き、内側の人間や機器に飛び散るのである。
こちらも詳細はWikiにて。

フレシェット弾

砲弾としてのフレシェット弾とはのような子弾を広範囲にバラ撒く砲弾』を指す。
つまり特大サイズのショットガンのようなもので、もちろん近接戦闘用。
歩兵支援も目的とする自走無反動砲にはぴったりの砲弾である。

ふたつの試作車両

前述のとおり試作は二社に委ねられ、
ほどなく「SS-1」(小松製作所)と「SS-2」(三菱重工製)が完成した。
2台は富士演習場で試験が行われ、終了後に評価がされている。

評価の結果、三菱重工が61式戦車の開発で忙しくなった事と、
何よりもSS-1の評判が良かった事もあって、開発は小松製作所に任されることになった。
この後も開発作業は続き、SS-2改良型の「SS-3」や、
無反動砲を増設(2門⇒4門)した「SS-1(改)」が生み出された。
この集大成として「SS-4」が完成し、こうして『60式自走無反動砲』として制式化される事になったのである。

日本戦車の系譜

前述のとおり、この60式自走無反動砲は戦後はじめて開発された日本装甲戦闘車両である。
終戦から15年経ているが、この60式自走無反動砲は旧軍戦車によく似ている雰囲気を持っている。
小松製作所は重機で有名なメーカーだが、装甲戦闘車両となると建設機械などとは全く違うノウハウが必要になるので、もしかしたら大戦時の設計技師が関わっていたのかもしれない。

『マメタン』のおわりに

2008年、最後の60式自走無反動砲が退役し、こうして日本の対戦車自走砲の歴史は幕を閉じた。なにぶん古い設計ゆえに扱いにくい箇所も多くあったようで、運用末期には若手をさしおいて古参の下士官が扱うことも多かったという。

一応、無反動砲ミサイルに置き換えた戦車駆逐車も試作されたものの、肝心のミサイルが有線式のリモコン誘導のだったので弾速が遅く、待ち伏せ攻撃には不向きと判定されている。(秒速85m)
結果として「これでは命中する前に反撃される(そして撃破される)」と判断され、これは試作のみに終わった。

結局『このテの車両』は軽戦車と同じく中途半端として廃れ、現在の自衛隊では普通科対戦車ミサイルを携帯させることで対応している。
現在のミサイルは人間ではなく、電子機器によって制御されているので弾速が早い。加えて兵士個人が持ち歩ける方が目立たず、それこそ奇襲攻撃を目指すのなら有利なのである。

自走無反動砲の有効性

装甲を持たず、「1発(砲は2連装なので2発だが)撃ったらすぐ退避する」と想定されていた。
当然の話だが、戦車との正面切った砲撃戦には脆弱すぎるのである。

だから、自走無反動砲なんて弱い車両、本当に活躍できるのだろうか』
そういった意見はまったくごもっともである。
もちろん対戦車戦闘だと不安があるのだが、歩兵支援なら活躍できたかもしれない。
(運用も普通科、つまり歩兵である)

そのヒントとなるのが、ベトナム戦争における「フエ市街戦(1968)」である。
入り組み、狭い街路が多かったフエ市街では、小型のオントス自走砲縦横に駆け回って海兵隊の支援に大活躍したのだ。
例えば、歩兵が敵の抵抗拠点に遭遇し、激しい砲火で身動きがとれなくなる。
そこでオントスが狭い街路を抜けて登場し、拠点に1発撃ちこんで黙らせる。
要は歩兵が仲間の支援に持ち出す、『歩兵砲』として活躍したのである。

ただし、あくまでも自走砲なので防御力は低く、例えばRPG-7のようなロケットランチャーを受けると大破・擱座という事態はまぬがれない。
重宝された理由も「どんなに道路が狭くても通り抜けて支援してくれる」という一点なので、
『だったら歩兵ミサイルグレネードランチャーを持たせればてっとり早い』
という解決方法が出てくるのだ。

実際、オントス自走砲にしても300両ほどの生産で終わっており、直接の後継は存在しない。
歩兵ミサイルで対応できないのなら、今度は戦車で砲撃すればいいのである。
(もしくは攻撃機に爆撃してもらう)

現在は各種ミサイルグレネードランチャーなども普及しており、あえて自走無反動砲が新規開発される事はない。ただし、搭載されていたM40無反動砲は世界6か国で製造されていたので生産数が多く、いまだ現役を務めている国もある。
もちろんRPG-7よりも弾速が速くて精確、どんな目標にも砲弾変更で対応できるのが利点である。
(RPGなどは風が吹くと簡単に目標をそれる)

なお1980年代に自衛隊の訓練を見学に来たイスラエルの武官が、60式を見て「これは市街戦での火力支援に有効ではないか」と興味を示したという話もある。

歩兵砲

『歩兵に対する直接火力支援を行うため歩兵科が独自に運用する火砲の一種』の事である。(wiki
通常の大砲よりは小型・軽量で、射程も短い。
これは主に歩兵・砲兵の役割分担(「派閥争い」とも)の結果で、
現在はミサイルグレネードランチャー等が普及したので過去の遺物となっている。

中古の旧式装備が使われる紛争地では、対戦車砲第二次世界大戦時のもの)や無反動砲がこれに使われることもあるという。

pixivに投稿された作品 pixivで「60式自走無反動砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4906

コメント