ピクシブ百科事典

カリグラの編集履歴

2016-06-26 17:10:56 バージョン

カリグラ

かりぐら

ローマ最高指導者(3代)

CAIVS・CAESAR・GERMANIVS・AVGVSTVS
PONTIFEXMAXIMVS
DMINVNSV
TRIBVNICIAEPOTESTATIS Ⅳ
IMPERATORⅧ
CONSVLⅤ
PATER PATRIAE
AEGYPTIFX MAXIMVS
PANNTIFX MAXIMVS
DACTFX MAXIMVS
PANNTIFX MAXIMVS
AEGYPTIFX MAXIMVS
DACTFX MAXIMVS
PANNTIFX MAXIMVS
GERMANIVTFX MAXIMVS
CAPPADOCIAE MAXIMVS

【DAMNAO MEMORAE】

原表記CAIVS・CAESAR・GERMANIVS・AVGVSTVS
生没年紀元12年8月31日 - 紀元41年1月24日
在位期間紀元37年9月18日 - 紀元年1月24日
正式タイトル Gaius Ceaser Germanicus Augustus,Pontifex Maximus,Tribuniciae ConsulⅤ,Imperator,PotestatisⅣ,Pater Patriae
ガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクス・アウグストゥス・最高ローマ神殿司祭・・弁護監5回行使・統領5回・司令官勝利1回・国父・エジプト長・ダキア(ルーマニア)長・パンノニア長・ゲルマニア(ドイツ)長・カッパドキア長・記録抹殺無かったことに

Caligula
カリグラ(あだ名)

CV:柏倉つとむ


全軍司令官(ローマ皇帝・在任AD37-41.4年)
ローマ共和国(S・P・Q・R)の政治家。共和主義者。ニュータイプ的専制独裁主義者
神のような主(ドミヌス(ユピテル主神の親戚)
元首第一人者事務局長ローマ帝独裁者教皇
第3代ローマ共和国とローマ市民の第一人者(プリンス
カエサルとアウグストゥスの後継者 ローマ神話教徒
ローマ共和国と市民の第一人者プリンス
ローマ全軍司令官(インペラトルローマ皇帝ローマ帝
執政監(コンスル・政治の長)
市民を守る監護民監 
最高ローマ神殿司祭(教皇)他

 本名ガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクス(CAIVS CAESAR GERMANIVS)
第3代ローマ最高指導者(元首ローマ皇帝ローマ帝事務局長)、在任37~41年、アウグストゥスとティベリウスの養子にして第一の後任者であったゲルマニクス(ゲルマニクス・ユリウス・カエサル、CERMANIVS JVLIVS CAESAR)( BC15-D19)と大アグリッピーナ(JVLIA VIPSANIA AGIPPINA .MAJOR)の3男として生まれた。

 起動戦士ZZガンダムのキャラグレミー・トトをを入れていますが、実際のカリグラのプロフィール(石像)は実際の肖像に近いものがある。このキャラも設定も途中から性格が豹変したことになっているので、これも近い。カリグラ(CARLIGRA)はローマ軍歩兵の軍靴の通称で、ゲルマニクス司令官がカエサル・ゲルマニクスほか長男・次男をミニチュアの司令官のローマ軍甲冑の服を着せてお披露目させたことがあった。ローマ軍の将兵が美少年に見えたガイウス・ゲルマニクスを可愛がり『カリグラ閣下』とあだ名をつけたというような文献があるようだ。

 公的な評論もあるように、ゲルマニクス一族はアウグストス(オクタヴィヤヌス)が第一人者の後任者とされていたが、後任の最高指導者(第一人者)はクラウディウス出身のティベリウス(在任AD14-37)が就任した、エンペラー・ティベリウスの治世は安定はしてはいたが政治的な闘争により弾圧的なローマ親衛隊が跋扈する息苦しい社会を作り出し、最高指導層のカエサル一族にしても関係者もティベリウスの命をうけた親衛隊が監視対象となり、突如として粛清されることが日常茶飯事で首都ローマはかなり息苦しい状態だった。カエサル・ゲルマニクス司令官が前線で急死すると悲劇は起こり、長男・次男はティベリウスの命を受け予告なくローマ親衛隊により拘束され残虐に殺害された。


 

参考文献
・世界大百科事典6巻〈島創平〉
・グレミー・トト(じゅまぺーる)