ピクシブ百科事典

白昼夢(笑ゥせぇるすまん)の編集履歴

2017-05-27 21:35:48 バージョン

白昼夢(笑ゥせぇるすまん)

はくちゅうむ

白昼夢とは、漫画『笑ゥせぇるすまん』の第14話である。TVアニメ版は旧の第12話、NEWの第1話。

あらすじ

マジメ人間の中島健一(22)は、昼休みに同僚の坂巻に誘われて不思議な店に入る。
坂巻が喪黒福造に教わったというそのクラブ「白昼夢」は、真昼から営業しており、
皆が働いている昼間に遊ぶ背徳感を満喫できるのであった。
中島はそこで藤圭子そっくりのホステス「ケーコ」に夢中になってしまう。

翌日の昼休みも訪れた中島らに対し、喪黒はノンアルコールでなくを呑めと悪魔の囁きを行う。
トドメに「ドーン」でハメを外すよう強制され、痛飲する2人。
やがてケーコから昼休みの終わる一時十分前だと知らされ、店を出ようとすると…。

結末

請求書に書かれた金額は、なんと98000円(1970年当時の物価は現在の1/3~1/4である)。
震えあがってツケを頼み、ケーコに蔑まれる中島であったが、悲劇はそれだけで済まなかった。
ケーコは一時前と言ったが実際は既に五時を回っており、上司が激怒していたのである。

アニメ版

  • 旧は変更点が多く、ホステス名はユウコとなった。ストーリーは喪黒が中島の弁当を勝手に食べたお詫びに白昼夢を紹介するという極めてシュールな展開となっている。また、中島と坂巻は叱られるだけで済まず、解雇されるという悲惨な結末を遂げた。請求額も物価を反映してか39万8000円と激増している。
  • NEWでは原作を忠実になぞったため中島らは解雇されずに済んだが、請求額は更に増えて49万8000円となった。ホステスの名前はハルカ。


関連タグ

笑ゥせぇるすまん 白昼夢 キャバクラ ぼったくり