ピクシブ百科事典

デスマーチからはじまる異世界狂想曲の用語の編集履歴

2020-04-09 10:09:01 バージョン

デスマーチからはじまる異世界狂想曲の用語

ですまーちからはじまるいせかいきょうそうきょくのようご

本記事は、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」に関する用語をまとめた記事である。

概要

この記事では、デスマーチからはじまる異世界狂想曲に登場する用語等を纏め、説明している。
ネタバレとなる為、閲覧は自己責任でお願いします。
また、記事は製作途中です。

作中用語


道具関連


  • ヤマト石
ステータスを確認する事ができる魔法の装置。ヤマトという名称はシガ王国を建国したシガ・ヤマトから取られている。
ステータスを確認できるとは言っても、確認できるのはレベルとスキル、そして賞罰欄といった少ない項目のみである。

  • 聖剣
【勇者】の称号を持つ者が握ると青く発光する剣。魔族と称される種族には滅法強い。
十分な魔力を充填した状態で『聖句』と呼ばれるキーワードを唱える事により、特殊な能力を発動する聖剣も存在している。
そうした聖剣は「神授の聖剣」と呼ばれているが、『聖句』が判明していない「神授の聖剣」も存在している。
聖剣の中には「青液」と呼ばれる液体が流し込まれており、これに魔力が通う事によって剣が青く発光する。

  • 青液(ブルー)
聖剣を聖剣たらしめる重要な液体。魔力を充填する事により青く発光する。
青液には瘴気を払い、魔物を寄せ付けない効果がある。
調合は難しく、また材料には「竜鱗粉」と呼ばれる希少な素材を使用する必要がある。

  • エクスカリバー
サトゥーが『竜の谷』にて獲得した聖剣の一つ。原典はアーサー王伝説に登場する選定の剣。
他の聖剣よりも多量の魔力を充填する事が可能(主人公のユニークスキル「メニュー」換算で一万ポイント以上の魔力を充填可能)。
「神授の聖剣」だが聖句は判明しておらず、どのような能力があるのかは不明である。

  • デュランダル
サトゥーが『竜の谷』にて獲得した聖剣の一つ。原典はローランの歌。
聖句は《永遠たれ》で、聖句を唱えると剣身が傷ついたとしても自己修復をする能力を持つ。
切れ味は他の聖剣と比べてもかなり鋭い。

  • クラウソラス
原典はアイルランドやスコットランドの民話に出てくる「光の剣」。
聖句は《踊れ》で、聖句を唱えると光る十三の刃が出現し、それぞれ操作をする事が可能となる。
魔力が不足していると刃は出現せず、ただただ浮かぶのみとなる。
元々はシガ王家の所有物で、シャルロック王子が使用していた聖剣だった。
しかしクラウソラスの真の姿を見せたナナシ(サトゥーの勇者としての姿。詳しくはサトゥーを参照)に所有権が譲渡される事となる。

土地関連


  • 竜の谷
主人公サトゥーが初めて降り立った異世界の地。
人族や友好的な亜人は生息しておらず、蜥蜴人族と称される種族と竜神アコンカグラのみが存在を確認されている。

異世界人関連


  • 勇者
俗に言う勇者召喚で「魔王から世界を救うために異世界から召喚される者」を指す。
召喚された勇者には「勇者」の称号が与えられ、サトゥーの能力による解析によると「祝福:パリオン神」という称号も与えられるようだ。
しかし勇者という存在は「勇者」という称号が必要なため、別にその世界の人物であろうと「勇者」でありさえすれば聖剣を扱う事も可能。
また、魔王討伐によって「勇者」は「真の勇者」へと変化するのだが、その際に異世界人の勇者は帰還するかどうかを選択する事ができるようになる。

  • 転生者
俗に言う「異世界に転生した者」という意味での転生者。
主人公の仲間ではアリサがこの転生者に該当する。詳細は該当記事にて。
前世の記憶を受け継ぎ、また魔神と呼ばれる神によって「ユニークスキル」と称される希少なスキルを与えられる。
しかし、ユニークスキルはあくまでも「強力なスキル」であるが故にいい方向にだけ事態が転ぶ事はなく、転生者特有の紫色の髪は異世界では忌避するべきものとされている。

種族関連


  • 人族
文字通り人と呼ばれる種族で、外見的な違いは然程見られない。
しかし美的感覚が現代とは違い、よりふくよかな体型の人物が好まれる。
その為、キャラクターの一人であるルルは主人公曰く「傾城の美少女」でありながらも、醜女扱いを受けている。
また、亜人と称される種族を差別する人族も中には存在している。

  • 獣人族
「人間に動物の耳と尻尾が生えた」という獣人ではなく、本物の動物が二足歩行をしているかのような外見の獣人。
「人間に動物の耳と尻尾が生えた」見た目は獣人ではなく「耳族」と称される
身体能力が高く、五感も鋭い。しかしその身体能力故に魔法を軽視する傾向が強い。

  • 耳族
人間に動物の耳と尻尾が生えた外見をしている種族。
希少種で場所によっては優遇されるのだが、主人公が最初に目覚めた地域では亜人差別があるように、かなり種族としての扱いはバラバラである。
また、人族でも祖先に耳族がいる場合、先祖返り等と称される「隔世遺伝」によって耳族の子供が誕生する可能性はある。
しかし異世界はある理由で科学技術が発達しておらず、その為「隔世遺伝」ではなく「取り替え子(チェンジリング)」として扱われる。
ポチタマがこの耳族であり、またポチは取り替え子として扱われていたという。

妖精族

様々な種族の総称で、妖精族にくくられるのは主にエルフやドワーフ、ブラウニーやノームといった種族である。

  • エルフ族
10代前半の容姿と尖った耳を持つ長命の種族。
ボルエナン、ビロアナン、ベリウナン、ズワカナン、ザンタナン、バレオナン、ダヲサナン、ブライナンといった八つの氏族がそれぞれの集落を世界樹の下に築いている。
キャラクターの一人、「ミサナリーア・ボルエナン」の名前から分かるように、エルフの名乗りは「名前・住んでいる場所」という構成。
尚、女性は「ミサナリーア」のように「~ア」で終わり、男性は「トラザユーヤ」のように「~ヤ」で終わる名前となっている。
先天的な才能、または後天的な訓練によって「精霊視」という、精霊を見る事のできる能力を得る事が可能。
ほとんどの国では貴族級の待遇をされている。
しかし、長命という種族の特徴故にか、危機に関してかなり疎かであり、作中年代よりも前には何人ものエルフが戦闘で死亡したらしい。
また、500年前後で記憶が消えてゆく事がある、子供ができるまでに100年もかかる事がある、長命なエルフ程感情が希薄になるなどの欠点も多く抱えた種族である。


関連タグ

デスマーチからはじまる異世界狂想曲 小説家になろう
























以降は、ネタバレを含みます。




























ネタバレ情報


  • 転生者
実際は「魔神からユニークスキルを与えられた」のではなく、「魔神から神の欠片を埋め込まれた」人物。
ユニークスキルを扱うには「魂の器」の許容量などが重要であり、その「魂の器」を超えたスキルの使用をしてしまうと、魔王となってしまう。
その為、転生者は魔王を信奉する魔族からは「卵」等と称されている。
不死の王ゼンがこの転生者の魔王に該当する。