ピクシブ百科事典

サトゥー

さとぅー

小説「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」の主人公。
目次[非表示]

「子供たちの前ですから。幼子の前で見せるものではありませんよ」

種族人間
年齢15歳(実年齢:29歳)
職業商人(自称。元々はゲームプログラマー)
Lv310(周囲にはLv1としか見えない)
称号神殺し・竜の谷の支配者 etc…

CV:堀江瞬

概要

本名(異世界にいく前の名前)は「鈴木一郎」。
サトゥーという名前は、オンラインゲームをプレイする際テストキャラに使うハンドルネーム
キャラ名の由来は、本名が鈴木なのに対し、何故か「佐藤」と呼ばれる為の皮肉でつけた。
職業はプログラマーで、29歳のアラサーだった。

来歴

ある日、デスマーチ中の30時間ぶりの仮眠で目覚めると、彼は見知らぬ場所で若返った状態で目が覚めた。
視界は、仮眠を取る前にデバックしていたゲーム、WW(WAR WORLD)の画面のようなアイコンがちりばめられており、当初は現状をデスマーチの疲労によって見ている夢だろう彼は考えていた。
尚その中身は、FFL(FREEDOM FANTASY LIFE)というゲームとWWが一緒になったようなものとなっていった。
初期レベルは1だったが、初心者救済のため自身がデスマーチ中に考案していたマップ殲滅用アイテム・「流星群」の発動により、何故かサトゥーに対して弓を射たLv50前後の蜥蜴人族の精鋭300体前後を殲滅
加えて竜神アコンカグラを討伐した結果、Lv310で全ステータスがカンストし、チートレベルに。
しかもサトゥーが目覚めた竜の谷には財宝が山ほど存在しており、竜の谷の敵対生物を全て殺害した為にユニークスキルメニューの効果が発動し、財宝は全てストレージに収納されている。
その結果資金は莫大、アイテムは伝説級がゴロゴロと、何不自由なく生活できるレベルで強化されてしまった。
来たばかりの頃は夢だと思い込む事で正気を保とうとしていたが、街へつくと同時に現実だと受け入れ、その後は元の世界へ戻る為、そして観光の為に世界を旅する事を決意。尚彼にとっては後者の方が優先事項らしい。

人物

ゲームプログラマーとして働いていた際は、会社の離職率が高いことを認めながら残業覚悟で勤務していた。離職した新人の後始末を仕事と並行して行うなど、苦労しながらもやりがいは感じていた模様。職場では周りから頼りにされつつ、面倒ごとを押し付けられたりもしていた。
異世界に来たあとは自分のチートぶりをしっかりと自覚している。なるべく目立つことを避けつつ、元の世界に戻る方法を考える一方で、ゲーム製作に生かすために異世界観光を楽しんでいる。基本的に困っている人を放っておけず、豊富なアイテムやスキルを出し惜しみなく活用する。その人柄や出し惜しみのない口説き文句・褒め殺しの数々によって多くの女性から慕われるものの、一行の半数が幼女のためか、間違いを犯さないように自重している。
ナナというホムンクルスが旅の仲間におり、彼女の見た目は大人なのだが精神がまだ生後間もない為、くっつかれてもポーカーフェイスのスキルでごまかすなどして、あくまでも保護者として自分を見せている。
胸の大きな女性には心の中でかなり反応しており、モノローグでもかなり変態的な言動が見受けられる事があるが、男の性である為仕方ないとも言えよう
アイテムや資金に糸目をつけない傾向があり、物語開始当初は金額の相場が分からなかったりした為に相手を困惑させることもしばしばあった。
奴隷亜人に対する偏見が一切なく、対等な旅の仲間として扱っている。少々甘やかし気味ではあるものの、戦闘ではパワーレベリング等は行わずに、それぞれの成長を促すように心がけている。後述するように万能の能力を持っているが、ゲーム知識や科学知識を生かした分析による対応が多い。暇なときは世界の仕組みや自身の能力の考察などを行っており、元の世界の職業柄か一人での細かい作業に夢中になることが多い。
人当たりが良く、大概の人物には敬語かつ笑顔で接する。ただし自身の知り合いに危害を加えるような人物には自身のあらゆる能力を行使して容赦なく報復する
後に孤児院への炊き出しを行ったり、とある魔王の発言に怒りを覚えている等、口では自分の為と言いつつも、根の部分ではかなりのお人好しである事が推測される。

能力

ステータスのカンスト(事実上は上がり続けており、ステータス画面の表示が限界という訳ではない)によりすべての攻撃が常人よりも強化されている。
大概の魔物は石を投げれば撃退可能。傷は自然に回復し、どんな迷宮だろうと「全マップ探索」で全体把握が可能。どこでだれが何をしているかがすべて手に取るようにわかる
しかし幻想の森がマップに表示されていなかった事から、彼の能力から逃れる術はいくつか存在していると思われる。
彼固有の能力として、魔法・スキル問わず、あらゆる能力を体験するだけで習得できる。スキルレベルの機能もあり、一気に最大値まで能力を高めることも可能

  • 傷を受けたら「苦痛耐性」スキル習得で無痛状態
  • 嘘をついたら「詐術」スキル習得で言い訳万能
  • 値切りを試みたら「値切り」スキルで交渉のプロに
  • 人を殴れば「格闘」スキルで玄人レベル
  • 銃を撃ってみたら「射撃」スキルを獲得して百発百中になる
等々あらゆることが一瞬でできるようになる。ただし本人の元々の能力に左右されることもあり、演奏のスキルを使っても草笛がすさまじく音痴だったり、裁縫スキルで玉止めを忘れるなど、気を付けないと細かいミスが起こってしまう。
尚この異常なまでのスキル修得率は勇者という存在も同様であるのだが、これが彼が何者であるかという謎に拍車をかけている。
魔法に関しても桁違いの威力を誇り、
  • 初級魔法が上位魔法に匹敵する威力になる(とある貴族の反応から)
  • 本来は耐久度が低い魔法を彼が使うと耐久度が上昇する
ともはや冗談のレベルに達している。さらに「伝説の勇者の聖剣」や「神剣」なども所持しているため、人々から怖れられている上級魔族も容易に討伐できる。
加えてコンピュータープログラマーとしての経験を元に魔法の改造も可能としている為、様々な魔法をある程度隙に作りだす事が可能。
ただし本人は目立つことを避けており、旅の一行にも自身の能力の全貌は明かしていない。基本的に戦闘は魔法銃による射撃と剣術を用いて行っている。
どうしても実力を出さなければいけない場面ではナナシという仮の姿になるなどして対処している。
彼のステータスは化け物じみているが、周囲の人間はLv1としか認識できないようになっている。
その後旅が続くにつれてLvの表記を変化させていくが、あくまでも常識の範囲内にとどめている。
しかし彼以上の存在がいる事を、とある魔王がほのめかしていた。

物語開始当初は何者かが不明であったが、後に「何らかの方法で若返りながら勇者召喚された」という事が判明。
しかしこれはあくまでもweb版での設定であり、書籍版がどうなるかは不明である。

書籍版の能力

web版では上記の通りであり、後に魔法詠唱ができるようになったことで更に手がつけられない存在となったが、書籍版では詠唱は出来ずじまいとなっている。

行動理念

基本的には異世界を観光しながら元の世界へ戻る策を探そうとするスタイル。
しかし行く先で関わった人間や自分達が何らかの事件に巻き込まれると、全力で事件の解決に向かって動く。
その際の別の顔としてナナシやエチゴヤなどの虚像の人物を作り上げている。
仲間にもその能力の存在は打ち明けていなかったが、やがて信用して尚且つ冷静な思考ができるアリサとリザだけには己の本当の情報を伝えた。
他の人達にも教えようとも考えたが、良くも悪くも純粋な子供であるがためにうっかり話してしまうのではないかと危惧し、情報を伝えていない。

エイプリルフールネタ

一度四月一日に投稿された嘘の話において、彼は神剣を使用しすぎた為に変貌し、竜神アコンカグラへと変貌したという話が合った。
その後に全ての神々を殺し、再度世界を作成。そして別の自分を自分の時と同じ状態で竜の谷へと召喚したという話が存在していた。
この話が本編に今後関わるかどうかは不明である。

注意

書籍版とweb版それぞれで設定や展開が異なっている部分があるので注意が必要である。
更に言えば、アニメ版のデスマーチはかなりおかしな改変が多くなされている為、書籍版とはかなり情報の錯誤があるので注意。

サトゥーの偽名

  • ナナシ

語源は「名無し」から。変装時にステータスの氏名欄を空白に設定していたことに由来する。
サトゥーが勇者として自重を棄てて活動する際に用いる偽名。
仮面とカツラで素性を隠し、当初は金髪銀仮面で公都以降は紫髪白仮面(バージョンⅡ)の聖職者風に変更した。
最終的にアリサの提案による光魔法で作った背中の光の輪と足元の炎輪で装飾した陰陽師イメージの「バージョンⅢ」に決定している。
当初は口数少ないキャラだったが、アリサの監修で馴れ馴れしく誰にも敬意を持たないキャラで口調も子供っぽく改変した。
設定上のレベルは王祖ヤマトと同じ89。変装用の顔は会社の後輩氏をモデルとしているが、それが王祖ヤマトに似ているためシガ王や宰相からはヤマトの転生者だと思われている。

  • クロ
黒竜ヘイロンという存在より与えられた名前。
勇者ナナシの従者という設定で、ある程度の実力を発揮して活躍するために変装している。
モデルはサトゥーが知る外国人タレントで、映画で演じた暗殺者キャラの傲慢な口調を元にしている。白髪で顔の上半分を白い仮面で隠し、右の頰の傷と左右で色が違う目が特徴。一人称は「我」。
これまでサトゥーの行く先々でナナシが活躍していたため、2人の存在を同一視させないために生み出した。設定上のレベルは50。
迷宮都市で迷賊が監禁していた女性たちを救助し、魔人薬の材料の人工栽培の条件の解明や迷賊の捕縛に尽力。
ティファリーザやネルなどの火災事故の被害にあった奴隷や、迷賊から救った200名弱の女性たちを庇護しており、迷賊討伐の報酬を使って区画ごと借りた下町長屋でその生活を補助し自立を促している。
その一環として彼女たちに効果的な装備を配ったり迷宮都市でコロッケやたこ焼きなどの屋台出店を援助し、後に国王から商業権を得て下町長屋メンバーでエチゴヤ商会を設立させる。
また、レリリルと共同開発した人族の錬成板で作れる「ベリアの魔法薬」という従来の薬に比べて非常に材料が安価な下級魔法薬の製法を確立し、その製作を庇護下の錬金術師たちに指示している。
魔族化したルダマンとの戦いではサトゥーとクロが別人であることを印象付けるために人形を使って登場し、ストレージに保管していた世界樹の稲妻を使って敵を完全に滅ぼした。
迷宮下層を訪れる際にもこの名前を使っており、その場合は外注デバッグスタッフのタナカ氏の顔を元にした日本人顔のマスクを着用している。

  • アキンドー
ペンドラゴン家のお抱え商人という設定の時に用いる偽名。語源は商人(あきんど)から。
自身で開発した魔法道具をたくさん持っている事などが知れ渡ると、色々と都合が悪くなりサトゥーの正体が暴かれかねないので偽装のために変装している。


関連タグ

デスマーチからはじまる異世界狂想曲
サトゥー・ペンドラゴン
異世界転生 異世界転移
俺TUEEE チート 一級フラグ建築士

pixivに投稿された作品 pixivで「サトゥー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21128

コメント