ピクシブ百科事典

ミライースの編集履歴

2012-12-09 06:02:48 バージョン

ミライース

みらいーす

ミライースはダイハツ工業が製造・販売する軽自動車である。同社のミラをベースにした5ドアハッチバック型乗用車であり、同社の軽乗用車ラインナップのエントリークラスを担う。ミライースの発売と入れ替わる形で生産終了となったエッセ同様、商用モデル(軽ボンネットバン)は設定されていない。

概要

ミライースは昨今の環境意識や低価格志向の高まりを受け、誰もが気軽に乗れる『第3のエコカー』をコンセプトに開発された。2009年に発表したコンセプトカー『イース』の市販バージョンである。

ダイハツが持つ既存の技術を徹底的に見直し、車両構造の見直しによる車両の軽量化・トランスミッションの改良・エンジンの改良などで、従来比で40%燃費性能を改善した『e:Sテクノロジー』を採用した。

エンジンは圧縮比の向上やインジェクター噴霧微粒化等により燃焼効率を高め、「i-EGRシステム」を採用するなど、細部にわたる改善を行うことでメカニカルロスを極限まで低減。さらに、電子スロットルによる協調制御を採用することで、運転状況に応じて最も効率の良い状態を維持する。CVTもオイルポンプの高効率化によって排出量を高め、CVT制御圧も低圧化することで動力伝達効率を向上。これによって変速ギア比を最適化(ハイギア化)することでエンジン負荷も低減された。

ボディは安全性や快適な乗り心地を保ちながら、シェルボディを骨格合理化。さらにインパネなどの樹脂部分の薄肉化やシート骨格の軽量化など内装部品の軽量化やアイドリングストップ用CVTの軽量化も行ったことで、ミラの2WD・CVT車に比べ、約60kgの軽量化を実現。さらに、フロントのコーナー形状の改善や床下流速の減速化を行うことで空気抵抗を抑え、前述の軽量化やベアリング、ブレーキの改善を行うことで転がり抵抗も低減された。

さらに、ムーヴムーヴコンテの一部のグレードに搭載されているアイドリングストップ機構「eco IDLE(エコアイドル)」も全車標準装備されているが、ミライースの「eco IDLE」はガソリンエンジンのCVT車では世界初となる停車前アイドリングストップ機能を追加。ブレーキをかけ、速度が7km/h以下になると自動でエンジンを停止してアイドリングストップ時間を増やしたことで燃費を向上。また、専用部品を減らしたことで軽量化・コンパクト化を実現した。

これらの技術により、JC08モード燃費において、2WD車で30km/L、4WD車でも27km/Lの優れた低燃費性能を実現した。

一方で、機能の垣根を越えた徹底的な低コスト活動を実施。部材配置・形状・材料選定、仕様を見直したことで部品数の削減や約60kgの車体軽量化により原価低減活動を行ったことで、車両本体価格79.5万円(消費税込・「D」)から122.0万円(消費税込・「Gf」)までのリーズナブルな価格設定を実現している。

製造はダイハツ九州大分(中津)工場で行われる。

親会社のトヨタにも「ピクシスエポック」としてOEM供給されている。

pixivでは

名前が名前なだけに、『フレッシュプリキュア』のイースとコラボしたイラストも投稿されている…。

ミラ イース遂に登場!


実際に痛車で作った人は居るのだろうか。
一部では「トヨタにOEMされるなら名前は『パッション』がいいんじゃないか」とネタにされたりもしたが、実際はそうではなかった。
まあ、「パッソ」という名前のクルマはあるんだけど。

プリキュアで言えば、他にもアクアとかビートとかサニーとかマーチとかもあるのだが。