ピクシブ百科事典

オキシジェンデストロイヤー

おきしじぇんですとろいやー

オキシジェンデストロイヤーとは怪獣映画『ゴジラ』に登場した架空の兵器である。
目次[非表示]

概要

滅びの海


天才科学者・芹沢大助によって開発された科学兵器。
別名「水中酸素破壊剤」。

その名の通り、水中で使用すると周囲の酸素を破壊する作用を持ち、その場にいる生物を死滅させ、液状化させてしまう恐るべき物質である。
そして、人間側の武器の中で、ゴジラを完全抹殺できた数少ない兵器の1つでもある(戦闘機のミサイルでやられたアメリカ版ゴジラはもちろん除く。また、後の作品でGフォースのスーパーメカゴジラGグラスパーのディメンション・タイド、潜水艦「さつま」等ゴジラを倒した兵器や戦法はいくつかあるが、いずれも劇中復活を許したりラストで生存を予見させる描写があったりとトドメをさしきれておらず、ゴジラの生命活動を完全に停止しきれたものは殆ど存在しない。)。

劇中では容器に入った実験用のあめ玉サイズの物とゴジラに使用した容器に入った物が使われたが、砲丸玉ぐらいの量でも東京湾を死の海に変えられる程の威力を持つ。

しかし、オキシジェンデストイヤーは本来「兵器」として開発されたものではなく、酸素の利用法・性質などを専門に研究を進めていた芹沢が、その途上で偶然作りあげてしまった副産物である。
芹沢本人もその効力に戦慄したらしく、「初めて実験をしてから二、三日は食事も喉を通らなかった」と回想している。しかし彼は何とかこれを平和利用可能にしようと研究していたようで、平和利用が可能になるまで芹沢はこの薬品の存在を誰にも明かすつもりはなかったが、かつての許婚・山根恵美子に打ち明けたことからその恋人である尾形秀人にも伝わった。

芹沢は彼らからゴジラに対抗できる唯一の兵器として使用を説得されるが、当初は何としても兵器としての使用は許さない構えだった。それはこの薬品が兵器になれば間違いなく、原爆水爆を超える最悪の大量破壊兵器と化すであろうという確証があったからである。
しかし、ゴジラによる被災者達の悲惨な現状を見て、彼もついに使用を決意。2度の東京襲撃を経て東京湾海底に潜んでいたゴジラの至近距離で彼自身の手によって水中にばら撒かれ、ゴジラを完全に溶解せしめた。
だが、芹沢は、使用を決意した時点で既にこの危険極まりない発明を永遠に闇に葬る決意を固めていた。尾形達の目の前でオキシジェンデストロイヤーに関する一切の研究資料を焼き捨てていたばかりか、自分が記憶している知識さえも利用させない為に海底で潜水服のロープと送気管を切断してゴジラと共に自らの命を絶つことでその秘密を永久に消し去ったのだった。

怪獣王の断末魔



芹沢はその命を持って製造法を消去したが、文献として残らなくとも『水中で使用すると、周囲の酸素を破壊してその場にいる生物を死滅させ、液状化させてしまう』という効果と使用法が初代ゴジラ討伐に立ち会った人々の記憶に存在しており、後述するように後のシリーズ作品においても多大な影響を与えている。

現在、初代『ゴジラ』を継承する平成シリーズ、及び分岐するいずれの時系列においてオキシジェン・デストロイヤーの完全再現は成されていないが、四十年以上経過した事による科学技術の発展により、平成シリーズでは製造工程の途中経過にあたる『ミクロオキシゲン』の生成に成功した。
開発当時よりもすぐれた実験器具・コンピューターの導入により『克服しがたい技術的な関門』(後述)をクリアする環境がより整えられた事による結果だが、芹沢の元許婚でオキシジェンデストロイヤー使用に直面した山根恵美子はミクロオキシゲンについてオキシジェンデストロイヤーの再来ではないかと危惧しており、さらに義理の甥(山根博士の養子となった山田新吉の息子)である健吉の「核エネルギーの暴走したゴジラに対して兵器として使用する」という意見に対して「芹沢が自らの命を絶った意味がなくなってしまう」と恐れ、強く反対していた。

彼女が危惧した恐れが現実化するのかどうかは、未だわからないままである。

ミクロオキシゲン(『ゴジラVSデストロイア(1995年)』)

伊集院研作博士によって開発された、酸素を極限まで微小化させる化学物質。
劇中では美容・家畜分野などに転化される技術として紹介されたが、転化内容を軍事観点に置き換えた結果、他の分子の隙間に入り込んで崩壊させてしまう(=物質を溶解させる)という、オキシジェンデストロイヤーと非常によく似た効力を持つ。

伊集院によれば「オキシジェンデストロイヤーを意識しての開発」であり、ミクロオキシゲンがオキシジェンデストロイヤー開発のために必要な技術であることは確からしい(芹沢も、自らの研究の過程でミクロオキシゲン生成を経ていた可能性が高い)。
しかし、ミクロオキシゲンの開発からオキシジェンデストロイヤーの開発に至るまでには容易には克服しがたい技術的な関門があるらしく、伊集院はオキシジェンデストロイヤーを開発するに至らなかった。
また、ミクロオキシゲンは零下187℃の超低温下においては効果を失うことが判明しており、そのままデストロイアの弱点として直結している。なお元々はオゾン層修復のために作られたという裏設定が存在する。

ミクロオキシゲン使用による対ゴジラ戦

ゴジラvsデストロイア


1954年のオキシジェンデストロイヤー使用は東京湾一帯を一時的に無酸素の死の海とせしめ、海底の土の中に眠っていたデストロイアを復活させてしまう。これはデストロイアが先カンブリア時代=地球上が無酸素であった時代の生物だからであった為、一時的に酸素が消滅した生存区域が発生したからである(これらの事から、実証する手段こそないものの、先カンブリア時代の微生物にはオキシジェン・デストロイヤーは通用しない可能性が存在する)。

やがてこのデストロイアは40年後の東京湾海底トンネル開発に伴って酸素に触れ、適応反応によって異常進化を起こし、平成ゴジラ史上最大最後の敵怪獣となった。

復活したデストロイアは進化過程でオキシジェンデストロイヤーに直接触れた事が理由なのか、体内でミクロオキシゲンを生成する能力を得ている。
微小体であった頃は、ガラスの容器を破壊したり、水族館の魚を白骨化するなどの活動をしていたが、やがて幼体と呼ばれる2m程度の形態へ成長すると、口からミクロオキシゲンをビーム状に発射し、対峙していた機動隊員の体を溶かして殺害することができるまでに至る。
さらに成長が進んで集合体や完全体と化した際には生成するミクロオキシゲンの濃度が極限にまで高まったことで、威力においてはオキシジェンデストロイヤーと互角となっており、「オキシジェンデストロイヤー・レイ」と呼称されるようになった。

後の作品への影響

複数の時系列が存在するゴジラシリーズの中で、初代『ゴジラ』はそれらの全ての源となっており、オキシジェンデストロイヤーもまた後の複数の作品に影響を与えている。

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001年)』

直接その名前が出たわけではないが、太平洋戦争の犠牲者の怨念が宿った怪物であるゴジラを唯一葬ったという“未知の毒化合物”を用いた兵器としてその存在がほのめかされている(ただし、どちらかというと「当時の防衛軍がゴジラに対して全く決定打を与えられなかった」ことを示すための例示の意味合いが強い)。

ゴジラ×メカゴジラ(2002年)』

オキシジェンデストロイヤーによって白骨と化した初代ゴジラの遺体がメカゴジラ(3式機龍)開発に使用された。ちなみに本作でも本編中にはオキシジェン・デストロイヤーという名称はでてきておらず「芹沢博士の作った特殊兵器」と呼ばれている。
初代『ゴジラ』ではゴジラが白骨と化した後、それさえも溶け去っていく様子が描かれているのだが、本作では骨は残ったと変更されており、そのシーンは新たに新規で撮影されている。
また手塚昌明のこだわりから、オキシジェン・デストロイヤーが使用された場所が東京湾から房総半島沖の海底に変更されている。

余談

アニメ「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」には「バイオデストロイヤー(BD)」と言うあらゆる生命体の分子結合を分解、超人をも消滅させる特殊な化学薬剤が登場しており、オキシジェンデストロイヤーと類似点を持つ。
本作は随所に昭和の特撮やアニメへのオマージュがなされているのが特徴であり、これもその一つと思われる(ちなみに、主人公の人吉爾朗自体がゴジラのオマージュ要素を含むキャラクターでもある)。

アニメ『クレヨンしんちゃん』のゴジラとの共演回「しんのすけ対シン・ゴジラだゾ」には野原ひろし三日間履き続けた靴の匂いを基にした、気持ちも体も大きくなる巨大化アイテム「オヤジジェンオオキクナルヤー」と一週間履き続けた靴の匂いを基にした超兵器「オヤジジェンデストロイヤー」が登場。砲丸部分がぶりぶりざえもんの顔になっており、デストロイヤーをゴジラに打ち込み、オオキクナルヤーで巨大化したしんのすけの尻で口に栓をして撃退。小さなトカゲサイズにまで縮小し海へと放したが、水に長時間浸かると匂いが取れてしまうという弱点があり、再びゴジラが巨大化したことを匂わせる描写があった。

関連タグ

ゴジラ 初代ゴジラ 芹沢大助 ゴジラVSデストロイア デストロイア

pixivに投稿された作品 pixivで「オキシジェンデストロイヤー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121040

コメント