ピクシブ百科事典

ギャリック砲

ぎゃりっくほう

漫画『ドラゴンボール』に登場するベジータの技。
目次[非表示]

概要

ベジータが作中で使用する必殺技の一つ。
主人公・孫悟空の使用する「かめはめ波」によく似た気功波技で、手の甲にエネルギーを溜め、相手にめがけて一気に放出する。

ベジータにとっては初めて作中で名前が明かされた技ではあるものの、原作で使用されたのは地球襲来時の一度きりで、以降使用されることはなかった(これはファイナルフラッシュビッグバンアタックにも言えることだが)。

名前の由来は「ガーリック(ニンニク)」と思われる。

作中での使用

ドラゴンボールを求めてナッパと共に地球に襲来したベジータが、悟空の応戦に予想外の苦戦を強いられて激昂。当初の目的を放棄し、地球もろとも破壊を宣言する。上空に高く飛び上がり、ギャリック砲発射のエネルギーを溜め始める。

地上の悟空は、それに対抗するため界王拳3倍の状態でかめはめ波を放ち、気功波による押し合いを展開。威力はほぼ互角であったが、途中で界王拳を4倍に上げた悟空のかめはめ波が押し勝ち、ベジータは逆に彼の強力な気功波を見舞うことになった。

なお、もしここでベジータが本当に地球を破壊してしまっていたらベジータ本人も助からなかったことが予想される。そのため、破壊を宣言したのは攻撃を避けさせないためのハッタリで、実際は地球を破壊する気は無かったという見方もされている。もしくは怒り任せにヤケクソだった可能性も考えられなくもない。ちなみに悟空は「考えたな!ちくしょう!!」と返しているので攻撃を受けざるを得ない状況にしたと判断したようである。

ドラゴンボールZ』11話では宇宙空間からエネルギーを放ち(すぐに宇宙船に戻って脱出)、惑星アーリア星を消滅させているシーンがあるため、できないことはないようである。
というか、この遥か以前の第21回天下一武道会亀仙人が月をかめはめ波で破壊しておりピッコロもこの悟空とベジータの対決の約1年前にある事情で月を破壊している事をを考えるとこの時点で彼らと天地の実力差があるベジータが地球を破壊できるというのも決してハッタリとは言えないだろう。

なお、この場面以降ドラゴンボールのボスキャラは追い詰められると自分が今いる星を破壊しようとするのがお約束になる。
そりゃ悟空もセルゲームで悟飯に「早くトドメを刺せ!」と言いたくなろうものである。

また、ベジータはこの後ナメック星編でもフリーザ相手にヤケクソでナメック星ごと消そうと全力のエネルギー波を撃っており、ピッコロに「この星ごと消す気か」と突っ込まれている。この時はフリーザが蹴り一発でエネルギー波を弾き飛ばした。
さらにセル戦ではファイナルフラッシュをぶっ放そうとした際にトランクス達から地球ごと消す気かとドン引きされたが、さすがにいい加減ベジータも学習したのか、この時は範囲を絞って地球への被害は避けていた。

ドラゴンボール超』ではビルス戦、オッタ・マゲッタ戦、キャベ戦で使われた。また、未来トランクスもこの技を使っている。その後の合体ザマス戦ではベジータとトランクスとの親子ギャリック砲も披露している。

余談

原作で使用されたのはこの1度限り。
アニメではセルがベジータに対して使用したり、ドラゴンボールGTベビーが使用したりしている。

ゲーム作品ではベジータの必殺技として収録されていることもあり、また「ギャリック」と付いた技が登場することもある。
(例:ファイナルギャリックキャノン、ギャリックガンファイアなど)
また、ゲームではべジータ王も使用することがある。

漫画男子高校生の日常』ではベジータのコスプレをした男子生徒が「貴様は助かっても地球はコナゴナだーっ!!!」と書いてあるプラカードを持って撮影されていたことがある。

関連タグ

ドラゴンボール ベジータ 必殺技 かめはめ波 惑星破壊
ガーリック/ニンニク

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャリック砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210746

コメント