ピクシブ百科事典

グレートソード

ぐれいとそーど

グレートソード(Great Sword)とは西洋における刀剣の一種で、ファンタジー作品では定番の大剣。
目次[非表示]

概要

明確な分類はないが、「片手では扱えないサイズの直剣。主に歩兵用」というのが一般的。
だが、極論をするとその人とってデカいと感じた刀剣はすべてグレートソードである。


詳細

日本刀のように「刃の切れ味でスラリと斬る」のではなく「剣の質量と遠心力で力任せにぶった斬る」武器であるが、板金などボール紙の如く両断できるなどというのは創作から来た俗説であり火器登場以前は上述のような切る使い方が多かったのだが登場以後は突きも多くなった。
しかしそれだけの質量から打撃用として使うこともしばしば存在したし鎖帷子なら断ち切ることもできた。

フィクションでは

上述の通りただの「両手持ちの剣」でしかないグレートソードだが、フィクションではもっぱらバスタードソードより二回り以上も大きい巨大武器として扱われる。一般的なイメージの尺度を人間で表すと「2mくらいの男性の首から上が柄、首から下が刀身、肩幅が刀幅」である。
当然というかあっても振り回せるわけがないのだが、儀礼用として馬鹿デカい大剣も実在するらしい。昔からデカいのはロマンだったようだ。


クレイモアとバスタードソード、グレートソードの「両手剣」としての違い

追跡者ディートリヒ



クレイモアはスコットランド由来の剣で、直剣には珍しい「刃の鋭さで斬る剣」。
グレートソードは刀身が長く、騎兵には扱えない歩兵用の剣。
バスタードソードは片手・両手兼用の剣。RPGの勇者が持つ剣はだいたいこっちのイメージだろう。

……ということになっているのだが、実際の所クレイモア以外の二つに関しての基準は非常に曖昧。
それどころかロングソードまでごっちゃに扱われることさえあるらしい。そんなのでいいのか。

なお、「グレートソード」は俗称であり、厳密なカテゴライズとしてはトゥハンドソード両手剣)が正しいといわれることもある。

グレートソードの使用者



その他使用人物がいたら追記求。

関連タグ

ソード ブレードソード

pixivに投稿された作品 pixivで「グレートソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30960

コメント