ピクシブ百科事典

フォビドゥンガンダム

ふぉびどぅんがんだむ

フォビドゥンガンダムとは、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

国防連合企業体が初期GAT-Xシリーズのデータを基に開発した後期GAT-Xシリーズ3機中の1機。機体名の「フォビドゥン」は英語で「禁断」(禁忌)を意味する。
パイロットは地球連合軍のブーステッドマン(強化人間)であるシャニ・アンドラス

ブリッツガンダムと同系のX200番台フレームを採用した特殊戦闘用MSで、元となったブリッツと同じく特殊戦闘と敵地への電撃侵攻を得意とする。実弾を無効化する新型PS装甲「トランスフェイズ装甲」、敵のビーム攻撃を曲げて無効化してしまう偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」を装備している為、無敵ともいえる防御力を持つ。

長距離砲撃→突撃→白兵戦という強襲向けの装備を多数搭載しており、長距離にいる敵をフレスベルグで撃破、中距離では速射性能に優れたエクツァーンによる制圧戦、白兵戦ではニーズヘグによる近接戦闘で敵を撃破するというもの。
また、バックパックを被ることで高速強襲形態に変形可能。状況に応じてMS形態と強襲形態に分けて戦う事が出来る。バックパックの推力が高く、サブフライトシステムを用いなくても大気圏内を飛ぶことが可能。
水中でもある程度戦うことも出来、作中ではオーブ軍イージス艦の隙を突くために水中から襲撃を仕掛けて撃破した。

しかし、パイロットのシャニは精神が不安定で、機体の特性を生かして戦う場面は見れなかった。それでも、敵の攻撃を無効化した上で敵を嬲り殺しにするという機能は、シャニにとっては相性ピッタリのガンダムだったのかもしれない。

連合の新型MSの中でも特に猛威を振るった機体で、ヤキン・ドゥーエの最終決戦においても活躍するが最後はイザークの駆るデュエルガンダムの接近戦に敗れ撃墜、パイロットのシャニも戦死する。
3機の中では最初に撃破された機体であった。

ゲシュマイディッヒ・パンツァーの採用によって地球連合軍が保有する戦力の中でも数少ない水中でも戦うことが出来る事が注目され、本機をベースにした水中用MSフォビドゥンブルーが製造されており、本機は云わば地球連合軍の水中用MSの基礎となった。

武装

誘導プラズマ砲「フレスベルグ」
バックパック先端部に内蔵された高出力プラズマビーム砲。
そのままでもプラズマ砲として使えるが、最大の特徴はエクツァーンの砲身に設置された誘導装置によってビームの軌道を自在に変える事が出来る事である。
ただし1発のビームで曲げられる方向は1方向のみで、敵を正確に撃破する程の誘導は出来ない。
それでもMSを一撃で撃破できる程の破壊力を持ち、劇中ではこの武装でボアズを防衛していた複数のザフト軍MSを撃破した。
名前の「フレスベルグ」は北欧神話で伝えられる風を巻き起こす鷲の姿をした巨人「フレースヴェルグ」に由来。

重刎首鎌「ニーズヘグ」
格闘戦用の巨大な鎌。その刀身はレッドフレームガーベラストレートと同じくグレイブヤードの特殊精錬技術が用いられている。
実弾兵器であるためPS装甲を搭載している機体(ガンダムタイプ等)には通用しないが、オーブ軍の護衛艦クラオミカミのブリッジを一振りで刎ねる程の威力を持つ。見た目によらずかなりの重量を誇り、その重さを利用して鈍器として使うことも出来る。
名前の「ニーズヘグ」は北欧神話で伝えられる世界樹ユグドラシルの根を噛む蛇の名「ニーズヘッグ」に由来。重刎首鎌の読みは「じゅうふんしゅれん」

88mmレールガン「エクツァーン」
バックパック両側に設置された可動式レールガン。レールガンである為PS装甲を持つ機体には通じないが、通常装甲のMSなら一撃で破壊可能。
砲身に誘導装置が設置されており。フレスベルグの弾道を曲げるための磁場発生器としての役割も持つ。
名前の「エクツァーン」はドイツ語で「犬歯」の意味である。

115mm機関砲「アルムフォイヤー」
両腕に内蔵された大口径機関砲。
固定火器の為、他の武装を保持したままでの使用が可能。
「アルムフォイヤー」とはそれぞれドイツ語で「腕」、「火」を意味する。

75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」
連合軍製のMS及び戦艦に標準装備されているバルカン砲。
牽制射撃の他、ミサイルの迎撃にも使われている。

エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー
フォビドゥン最大の特徴である特殊装備。バックパック両側に装備されている可動式のシールドに搭載されている。
ブリッツガンダムに搭載されているミラージュコロイドの技術を対ビーム防御システムに応用したもので、シールド表面に磁場を発生させてビームを歪曲させて命中させないようにする。
あくまでも対ビーム防御なので実弾は防げないが、フォビドゥンがTP装甲を搭載している為その弱点を解消している。
しかし至近距離から放たれたビームは曲げることが出来ない為、接近戦に対応できないという弱点が存在し、その上稼働するのに大量の電力を消費してしまう為、長時間の使用は出来ない(新型大容量ジェネレーターとTP装甲による省電力化で燃費問題はある程度解消された)。
この技術はDESTINYに登場した大量破壊兵器レクイエムにも使われた。
名前の「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」はドイツ語で「柔軟な装甲」という意味である。

関連タグ

機動戦士ガンダムSEED
ブリッツガンダム
カラミティガンダム レイダーガンダム
シャニ・アンドラス オルガ・サブナック クロト・ブエル
フォビドゥンブルー ディープフォビドゥン フォビドゥンヴォーテクス:本機をベースにして作られた水中用MS
ロートフォビドゥン

pixivに投稿された作品 pixivで「フォビドゥンガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60170

コメント