ピクシブ百科事典

ミクラス

みくらす

ミクラスとは、ウルトラセブンに登場したウルトラ怪獣である。
目次[非表示]

データ

別名:カプセル怪獣
身長:1センチメートル - 40メートル
体重:1グラム - 2万トン
出身地:M78星雲バッファロー星

ウルトラセブン第3話「湖のひみつ」、第25話「零下140度の対決」に登場


第3話で初登場。ピット星人ウルトラアイを盗まれたモロボシ・ダンカプセルから出現させた。エレキングと交戦するも、電気を浴びせられて敗れた。
第25話ではダンが中でウルトラアイを失くしたために黄色のカプセルから登場している。ガンダーと交戦するも敵の飛行能力に翻弄されて敗北。カプセルはセブンがガンダーを倒した後に回収された。この回ではから赤い熱線を放っている。
『ウルトラセブン1999最終章6部作』第6話「わたしは地球人」にも登場。ウインダムと共にザバンギと戦うが、2体でかかっても敵わず、をへし折られて倒れ、ウインダム共々カプセルに回収された。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルではセブンから自身を助けてくれた礼として一時的にレイに託された。なお、当初は後述するメビウス版の個体と同様なぜか非常に憶病な性格になっており、怪獣を相手に逃げ出してしまうなどの描写があった。その後ケルビム戦において初白星を収め、レイブラッド星人が倒された後にセブンに返却された(この時、レイに対して手を振るという可愛らしい姿を見せている)。

ミクラス


一時的とはいえレイオニクスの元にいた甲斐あってか、映画『ウルトラ銀河伝説』では、シャプレー星人に操られたベムスターを撃破する戦果を挙げた。

ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス第4話「傷だらけの絆」、第8話「戦慄の捕食者」、第9話「復讐の鎧」、第13話「風のマリナ」、第27話「激闘の覇者」、第28話「コノミの宝物」、第36話「ミライの妹」に登場。

本作では「マケット怪獣」という形で登場。ドキュメントUG、すなわちウルトラセブンの時代のデータを下にGUYS の手で再現され、彼らと共に戦う。1分間しか活動できず、使用後は分子ミストの再チャージに1時間掛かる。当初はGUYS隊員達に「弱そう」、「不細工」と言われるなど評価は散々な上リュウには「ニコラス」と名前を間違えられてしまう。刷り込み現象でコノミを母親のような存在だと認識して彼女になつき、回を重ねるごとに他の隊員にもを開いていった。
当初の性格は非常に臆病でデビュー戦となるケルビムとの初戦では、呼び出したコノミが逃げ出してしまい彼女を追って逃げ出すという醜態を晒してしまった。二戦目ではコノミの危機に勇気を振り絞りケルビムに立ち向かい臆病な性格を克服し、それなりの戦果を残した。

第8話からは、ボガールが電撃に弱いということから電気怪獣のネロンガエレドータスのデータから電流攻撃と透明化能力を付加された「エレキミクラス」として、パワーアップを果たす。(この時、この2体の他にエレキングのデータも使用されたが、オリジナルのミクラスがエレキングに敗北していたトラウマから、このデータだけがはじき出されてしまいリムエレキング誕生の一因となった。)ボガールムカデンダーゼットン相手に大ダメージを与えるなど活躍の場面が多くなった。

ウルトラマンSTORY0

ディファレーター光線を浴びたバッファローが怪獣化した姿。プラズマ太陽の影響で寒冷化が進んだバッファロー星の守護獣として登場した。体温が高く、眠っているだけで岩盤を温め、を溶かしてしまう。また当時は頭頂の真ん中に正面向きに生えた三本目の角が有った。
また、知性を有し、セブンと会話する場面もある。
バッファローを食料として強奪しようとしたペダン星人に怒り、岩盤をぶち破って眠りから覚める。ぺダン星人の差し向けたキングジョー・プロトタイプに果敢に挑み、をつけるも正面の角を折られ倒されるが、エネルギーが切れ掛けたセブンを助ける機転を見せた。その勇気に感動したセブンにより、カプセル怪獣としての契約を結ぶ、これは彼が巨大な怪獣と化してしまったため自分が活動する事で惑星上の他の生物に迷惑を掛ける状態になってしまったのを悩んでいた事や、キングジョーとの戦いでの傷が深く光の国治療しなければ死んでしまう状態だった事も理由である。

ウルトラマンギンガ

ウルトラマンギンガ劇場スペシャル第二弾「ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!」に登場。
人工のスパークドールズとして登場し、渡会健太がウルトライブした。やはりこちらでも「とても味方とは思えない面してやがる」と評されている。
石動美鈴がライブしたレッドキングを倒したが、美鈴がライブし直したスノーゴン冷凍光線を浴びせられ倒された。

ウルトラマンX

ウルトラセブンや他のカプセル怪獣と共に、イメージ映像で登場。
礼堂ヒカル大空大地に、「怪獣とウルトラマンや人類が共存している」ということを説明する際に、一つの例として取り上げていた。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ミクラス


アギラと同じタイミングで発表された。デザイン担当はウインダムもデザインした富岡二郎氏。
パワーファイターだった原作を反映してか、どこか好戦的な雰囲気を漂わせた凛々しい表情に。また、褐色肌、全身に施されたボディーペイント、露出の多い衣装など、野生児を思わせる姿をしている。

アニメ版

- 鈴木愛奈

ウインダム、アギラと共に物語の中心として活躍する模様。

普段は16歳の高校1年生:牛丸ミクとして生活している。
がつくほどの健康優良児で、生まれてこの方、風邪もひいたことがないほど。
考えるより先に体が動いてしまう、いわゆる脳筋タイプの女の子で、怪獣娘同士の格闘スポーツ「大怪獣ファイト」のファン。

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 ウインダム アギラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミクラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234500

コメント