ピクシブ百科事典

ヤマタノオロチ

やまたのおろち

日本神話に登場する蛇(ドラゴン)の怪物。八つの谷と八つの峰を覆う八首八尾の巨龍という特撮怪獣クラスのスケールを持つ大魔獣。出雲の斐伊川で暴虐の限りを尽くしたが、高天原を追放されたスサノオの奇計によって打ち倒される。
目次[非表示]

概要

日本書紀』『古事記』にて、大暴れな不良ぶりで高天原を追放されたスサノオが、英雄的善神に変化するエピソード『大蛇退治』に登場する。

漢字表記は『八岐大蛇』(『日本書紀』)『八俣遠呂智』(『古事記』)。また、尊称と言うべき『高志之八俣遠呂知』(こしのやまたのおろち)と言う別称もある。「お」は“峰”「ろ」は接尾語、「ち」は“霊威ある存在”若しくは“蛇”を表す。「やまた」は八つの頭を指すと同時に「途方も無く大きな」と言う意味も含まれ、口語訳すると「巨大な霊威ある者」「巨大な蛇」若しくは「八つ頭の霊威ある者」「八つ頭の蛇」と言う意味になる。

8つの頭と8本の尾を持ち、目はホオズキのように真っ赤で、背中には苔や木が生え、腹は血でただれ、8つの谷、8つの峰にまたがるほど巨大とされている。出雲(島根県)の斐伊川上流に根城を構え、土地神の娘を毎年ひとりずつ生贄にとって居たが、酒に目が無いと言う弱点をスサノオノミコトに見抜かれ、強力な八塩折の酒を使ったおびき寄せの計略にかかり、酔って動けなくなったところを全ての首を切り落とされて退治された。
この時オロチの屍骸から得られた剣が世に言う「天叢雲剣」(あめのむらくも)だと言われる。

なお、ヤマタノオロチはスサノオに退治されたが、この段階でヤマタノオロチが滅んだわけではないとしている神話・エピソードは数多い。
たとえば、のちの平安時代に有名となる酒呑童子を、「スサノオに退治され逃げてきたヤマタノオロチと驢馬の子供である」とする説などである。
『平家物語』では第八十代天皇である安徳天皇(弘文帝が「第39代天皇」となったのは明治期以降なのでスルー)をヤマタノオロチの生まれ変わりだと説いている。また、壇ノ浦で平氏が御年八歳の安徳天皇と共に海に身を投げた際、天皇の証である三種の神器も海に沈んでしまうのだが、このうちの天叢雲剣について「ヤマタノオロチが剣を取り返しに来たのだ」とも説いている。

創作での扱い

 その怪獣レベルのスケールの大きさ、また西洋の怪蛇ヒドラと似ることから、もっぱら中ボスクラスの強敵として引っ張り出され、特に和風ファンタジーではラスボスを張ることも多い。
 そのキャラ付けも、凶暴な怪獣のそのものだったり、威風堂々とした大悪党だったり、むしろ狡猾な策士だったりと様々。

関連イラスト

オロチファンタジー

ヤマタノオロチ


DQ3の「やまたのおろち

ドラゴンクエストⅢ「決戦!ヤマタノオロチ」


大神版「ヤマタノオロチ

大神 ヤマタノオロチ(動画有)

わんことばけもの



関連タグ

 オロチ

主な登場作品

ドラゴンクエストⅢ(ジパングに棲む大魔獣・やまたのおろち)
大神(かつて白野威イザナギが封印した大妖怪ヤマタノオロチ(大神)も参照)
女神転生メガテン
KOF(地球意思オロチとして登場)
無双OROCHI2(妖蛇という名前で登場)
鬼灯の冷徹
神無月の巫女(八体のオロチロボとそれを操縦する神官を率いる存在。)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤマタノオロチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204636

コメント