ピクシブ百科事典

細川ガラシャ

ほそかわがらしゃ

戦国時代に生きた明智光秀の娘で細川忠興の妻。
目次[非表示]

日本史安土桃山時代戦国時代)にかけて実在した女性

概要

永禄6年(1563年)に明智光秀と正室・煕子の三女として生まれ、たま、または玉子と呼ばれた。
天正6年(1578年)、織田信長の勧めで珠は細川忠興に嫁ぎ、良い夫婦仲となった。
しかし、天正10年(1582年)に光秀は本能寺の変を起こし、自分の父親が謀叛人となったが、忠興は珠と離縁せず、丹後の屋敷に幽閉した。
豊臣秀吉が天下統一を進める中で忠興と珠は復縁したが、珠はキリスト教に関心を抱き、夫が九州攻めの留守に侍女とともに宣教師に会って、様々な質問を聞いた。その後彼女は洗礼を受け、洗礼名「ガラシャ」を持った。
キリシタンとなった妻に忠興は怒り、侍女の鼻を削ぎ落とし追い出したが、ガラシャは改宗をやめなかった。または、忠興は妻の改宗には気づいていなかったとも言われる。
慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが近づき忠興は徳川家康東軍に与し、上杉討伐へ出陣。その留守に西軍石田三成はガラシャを人質に取ろうと屋敷を包囲したが、ガラシャは毅然と拒否し、家老に命じて自分にを突かせ亡くなった。
※キリスト教の教義上自害ができなかったため。

辞世の句「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」。

忠興は妻の死を悲しみ、遺骨を教会に分けて葬った。
明治になってキリスト教徒達が彼女を「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、一般にその名が広まった。

人物

もともとガラシャは怒りやすい性格だったが、キリシタンとなって謙虚で忍耐強く変わったと言われる。
夫の忠興は彼女を溺愛する愛妻家で、朝鮮出兵で留守の間、彼女に何通もの手紙を送り、そのほとんどが秀吉の誘惑に乗るなという内容。
そして、ヤンデレ武将としての忠興も有名で、珠の庭師や奉公人との関係を疑って嫉妬し、彼女の目の前で彼らを斬り殺した。しかし、その場にいた珠は涼しい顔を見せ、「お前は」と忠興が聞くと、「のような夫の妻には蛇のような女がお似合いでしょ」と言い返し、逆に忠興を驚かせたという伝説もある。

…要するに似たもの夫婦だったんじゃないかとか言ったら斬られます。たぶん。

フィクションにおける細川ガラシャ

「戦国無双」

無題


ガラシャ」の記事を参照。

「采配のゆくえ」

【イラリク】愛。夫婦。



関連イラスト

細川 玉
珠



関連タグ

日本史 戦国時代 創作歴史 創作戦国
明智光秀 細川忠興 細川忠利
戦国無双 采配のゆくえ 真田丸(大河ドラマ)
鬼蛇夫婦

pixivに投稿された作品 pixivで「細川ガラシャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 296100

コメント