ピクシブ百科事典

花山薫

はなやまかおる

板垣恵介の漫画『グラップラー刃牙』の登場人物。
目次[非表示]

CV

中田雅之

概要

初登場は『グラップラー刃牙』幼年編。
15歳で暴力団・藤木組系花山組の組長になった。現在19歳。
(なお、大親分である藤木組組長・秋田太郎は彼の母方の祖父であると思われる。)
傷だらけで強面の巨漢だが、組長になれるだけの器量の持ち主。
登場したての頃はヤクザらしい冷酷で容赦のない面が強調されていたが、連載が進むにつれ、次第に無口ではあるが温厚で人当たりのいい素顔を見せている。
とくにシマにしている街の人たちからは非常に慕われており、その界隈での犯罪は激減しているなど、彼の存在がある種の抑止力にもなっている。
刃牙シリーズにおいて一番心優しい、人望がある人物かもしれない。
ちなみに中学高校はちゃんと卒業している。

全身が切り傷だらけであり、背中には花山家に代々伝わる「侠客立ち(おとこだち)」の入れ墨を持つ。

15歳の時に父親を殺害した敵対する組織「源王会」の事務所にたった一人で殴り込みし、数十人を素手で倒した伝説を持つ。
この一件で逮捕(未成年なので正確には補導)、収監されるが、素手で牢屋をぶち破ってからの16歳の誕生日を祝われた。
その後間もなく釈放(未成年で初犯である事や、相手が凶器所持の複数である事、恐らく被害届が出されなかったであろう事から正当防衛もしくは不起訴処分になったと思われる)され、最強を目指していた範馬刃牙と正面衝突、かつて刃牙を倒したプロボクサーユリー・チャコフスキーを瞬殺してその名を刃牙に知らしめた。
その後刃牙とはゲームセンターで大乱闘を繰り広げたが敗北(ほぼ痛み分け)し、後に友情を結ぶ。
しかし、満身創痍の状態で突如現れた範馬勇次郎との勝負に立ってしまい、大怪我とトラウマを負ってしまう。
療養後は「まず一線には戻れない」と進言されたにもかかわらず、驚異的な回復力で復帰。
それから間もなくして母親は亡くなっている。
この後、刃牙と勇次郎との戦いに備えユリーと共に刃牙のスパーリングを務めた。(その後、またも勇次郎にボコられるハメに・・・)

シリーズ1作目『グラップラー刃牙』最大トーナメント編では19歳となり、一回戦では日本拳法の使い手稲城文之信と対戦。彼の直突きに思わぬ苦戦をするも、アッパーカット一発で完勝。
二回戦では愚地克巳と戦い、防御(うけ)が通用しない攻撃で苦しめるも最後はマッハの突きの前に敗れる。

シリーズ2作目の『バキ』最凶死刑囚編ではスペックとおおよそ人間同士の戦いとは思えぬ激闘を演じ、拳銃弾を口に詰められて暴発させられ、頬の皮を吹っ飛ばされる重傷を負うもなんとか勝利。
その戦いを見ていた警官から「チョット憧れちゃいますね・・・男として」と言わしめた。

シリーズ3作目の『範馬刃牙』では範馬勇次郎ですら止められなかったピクルの突進を真っ向から受け止め、彼にトリケラトプスを思わせている。

シリーズ4作目『刃牙道』では範馬勇次郎に再戦を挑んだが、再び敗れている。
負けはしたもののあの勇次郎に打撃一発で鼻血を出させ、「他人の手により出血したのは久しぶりだ」と感心されている。

趣味、嗜好

10代にして愛煙家バーボンウイスキーのワイルドターキーを愛飲する酒豪(法律は守りましょう)だが、好きな食べ物はオムライスとナッツ&チョコチップのクッキーというカワイイ一面も。どうやら甘党らしい。
流行にも興味がない訳ではなのか、メイド喫茶に通ったこともある。(ちなみにその時はメロンフロートを注文していた)

趣味は旅と魚釣りで、魚釣りはプロ級の腕前。
大親分の秋田組長とは月一で海釣りによく行っている。
ちなみに下記の通り格闘技はしない主義だが、スポーツ自体は嫌いという訳でもないらしく、体育の日では律儀にジョギングしていたりする(曰く『国の決めた日だから』とか)。
体育の授業もちゃんと出席しており、体育の先生からは「オリンピックにも出れる」と評価されている。高校でのプールの授業では、刺青を隠すために競技用の全身型の水着で対応した。

高校一年生時の成績は体育5、国語3、あとはオール2。
理数系がちょっと苦手らしく、花山の右腕兼家庭教師の木崎からも呆れられていた。
だが一日たりとも休まず登校し、授業も真面目に取り組み、友達からも慕われている事は担任の先生にも褒められていた。
しかしながら「7×6=48」と掛け算を間違えて覚えてしまっており冬休み宿題でそこで詰まってしまいギブアップ(目を開けながら寝てしまった)してしまったというなんともマヌケな逸話もある。

唯一嫌いなものはゴキブリお化けもちょっと苦手らしい。

ファイトスタイル

ファイトスタイルは完全な我流。
これについては花山自身が格闘技はしない」主義を貫いているため。
持論を要約すると――
『格闘技は戦う力が足りない奴がそれを補うことを目的にしているから、
 自分のように才能にも体格にも恵まれたヤツが手を出すものではない。
 それはただでさえ強いヤツが、拳銃とかを持つのと同じようなものだ』
としている。
あくまでステゴロの喧嘩での真剣勝負を目的する花山にとって、必要以上に強くなることは無粋だとしているのかもしれない。

桁外れの身体能力に物を言わせた喧嘩といったもので、握力×体重×スピード=破壊力の方程式から放たれる強力無比な打撃と敵の攻撃をノーガードで平然と受け切り反撃する規格外のタフネスが持ち味。
攻撃面では刃牙に「夜叉猿より強いッ」、克己に「防御(うけ)が通用しない」と言わしめ、重さ800g・初速47m/sの鉄鋼弾の集中砲火をものともしないスペックも「なんてパンチだ…」と評した。その拳は一撃で鋼鉄製のを打ち破り、並み居る強豪を軽々と吹き飛ばしてきた。
防御面では拳銃で撃たれても平然としているほどのそのタフネスから構えすら取らないことも少なくないが、反撃に転じる際には極端にライトアップに構えた独特の構えをとる。(ちなみに、奇しくもスペックも同じ構えである。)
スピードは他のキャラクターに比べるとあまり早い印象はないが、先ほど述べたとおり攻撃速度は非常に迅く、大振りでありながら避けるのは困難とされている。

単純なパンチ、キックだけでも充分に相手を倒すこともできるが、彼の真の能力は握力
その握力は常人を遥かに超え、を握り潰し、トランプを52枚重ねて引き裂き、タイヤを引き千切り、脛の肉をいとも簡単に引き千切るほど。
さらにその握力に物を言わせ、相手の部位を両側から圧迫、逃げ場のなくなった血液で破裂させる「握撃」が最大の必殺技。
スペック戦では、この技で彼に引導を渡した。

モデル

彼のモデルは実在したヤクザ・花形敬。
安藤組(東興業)の大幹部を勤めた人物であり、組長・安藤昇の寵愛を最も受けた人物とされる。前科7犯に逮捕歴22回。
花山と同じく武器を用いない完全な素手での喧嘩を好み、また白スーツがトレードマークだったという。
1963年9月27日没。享年33歳であった。

余談

彼を主人公とした外伝作品に『バキ外伝 疵面-スカーフェイス-』、高校生活を描いた『バキ外伝 創面-きずつら-』がある。(どちらも原作:板垣恵介、作画:山内雪奈生。『スカーフェイス』は長らく休載されていたが2014年に再開)
がある。作中でも屈指の人気を誇るキャラクターであり、一部からの声に寄れば「人気でなら主人公親子よりも格段に上」だとか(現にニコニコなどでバキ関係の動画を見ていると、比較的高い確率で明らかに彼のファンと思しき者が打ち込んだであろうコメントが確認できる)。

KOFシリーズもラルフが使う技の一部は花山から影響を受けている。(ギャラクティカファントムなど)
また、銀魂でもアイドルデビューした神楽がファンの手を全力で握ってしまい相手を大怪我させてしまった際に新八握手会じゃなくて花山薫の握撃回になってる」と突っ込みを入れていた(ご丁寧にそのコマでは神楽が花山薫に激似の巨体に描かれている)。

関連タグ

グラップラー刃牙
暴力団 極道 組長 怪力乱神

pixivに投稿された作品 pixivで「花山薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 843220

コメント