ピクシブ百科事典

F-14

えふじゅうよん

アメリカ合衆国のグラマン社が開発した艦上戦闘機。艦隊防空戦闘機として開発され、遠距離から爆撃機を迎撃するためのAIM-54「フェニックス」空対空ミサイルと高度なレーダーFCSであるAWG-9で艦隊防空の外縁部を担う。愛称は雄猫を意味する「トムキャット」。
目次[非表示]

F-14とは、グラマンF-14トムキャット戦闘機に関するイラストに付与されるタグである。

冷戦構造下、東西両陣営は核兵器を積んだ敵戦略爆撃機の撃墜に躍起になり、アメリカでもF-89F-106など、要撃機が多数開発された。
しかし、核攻撃の手段が戦略爆撃機からICBMへと変わり、ベトナム戦争でMiG-21に苦戦を強いられたこともあり、戦闘機には再び『戦場で敵戦闘機を駆逐する』能力が求められるようになった。
その流れで、空母を含む艦隊を守る防空戦闘機として誕生したのが、グラマン社の艦上戦闘機F-14「トムキャット」である。

しかし、冷戦の終結、イージス艦の配備などにより存在意義を喪失。
可変翼の採用などで高額となったF-14を積極的に採用する必要は無くなり、制空戦闘機として同等の性能を持ち多少安いF-15に対しセールスで苦戦し、アメリカ海軍以外ではイラン空軍に採用されたのみであった。
その後、F-14はペイロードの大きさから戦闘爆撃機として活躍することになる。
対地攻撃任務の際は右主翼付け根のパイロンにAN/AAQ-25 LANTIRNポッドを装備し、レーザー誘導爆弾等を運用する。
RF-8の退役により戦術偵察機がない時期には改修によりTARPS(戦術航空偵察ポッドシステム)を装備可能として代替機となった。
対地攻撃能力を持つ機体にはボムキャット、TARPSポッドを装備した機体にはピーピング・トムの非公式愛称が付いている。

湾岸戦争イラク戦争と多くの戦場を経験し、映画にも出演するなど一般にも知名度が高い戦闘機だったが、可変翼機構の複雑さからくるメンテナンス性の悪さや、他の機体と比べコスト高な点が仇となり、2006年に主力の座をF/A-18に譲りアメリカ海軍からは全機退役した。

しかし、映画『トップガン』や『ファイナルカウントダウン』。漫画『エリア88』など多くのメディアで主役または準主役級の活躍をしたことからか、退役した現在でも根強いファンが多く、アニメマクロスシリーズに登場する一部の可変戦闘機の機体デザインもF-14がベースになっている。
機体の塗装パターンはエースコンバット5やマクロス等の作品でベースになっているVF-84こと第84戦闘飛行隊(もしくはVF-103、第103戦闘攻撃飛行隊)「ジョリー・ロジャース」が有名だろう。

「トムキャット」という名称は、グラマンの戦闘機に共通する科の動物の愛称と考えられがちだが、公式には「可変翼のギミックが猫耳のようだから」とされている。
とは言え、「グラマン最後の猫」として、コンティデレート・エア・フォース所有の歴代猫と記念飛行を行ったこともある。
この際、トムキャットはレシプロ機の面々に合わせて失速直前の速度で飛ばざるを得なかったが、その速度はF4F(正確にはゼネラル・モーターズ製FM)「ワイルドキャット」にとっては全力というものだった。


発展の系譜

F-14A

TF-30エンジンを装備する基本型。478機生産され、うち79機がイランに引き渡された。
本来の売買契約では80機の売却となっていたが、引渡しが完了以前にイラン革命が勃発。
大使館占拠事件などもあって、引き渡し前だった最後の1機がアメリカに留置された。ちなみに、その機は海軍にて使用された。
TARPS偵察ポッドにより、偵察任務にも使用できる。
F-14Aには中央翼前縁にグローブベーンと呼ばれる引き込み式の小翼があり、音速飛行時に展開することでトリム抵抗を減らし操縦性を改善させる効果があるが、
F-14を運用するに当たり超音速飛行はそれほど重要ではないと判断された事からF-14Bで封印され、F-14Dでは完全に廃止されている。
少なくとも1機がイランの手によってAIM-54と共にソビエトに引き渡されたとも言われており、その情報はMiG-31の開発に生かされたとも言われているが開発時期的にありえない話である。

F-14B

パワー不足など問題の多かったTF-30エンジンを、F-110エンジンに換装した機体。
実はそれ以前にもF-401エンジンに換装する計画があり、そちらもF-14Bとなっている。
(エンジンが不良でお流れとなった)
どちらにしても、F-14Bはエンジン換装のみであり、電子機器はそのままである。
当初はF-14A+と呼ばれた。
新造38機、A型からの改造が32機。計70機が生産された。

F-14C

初代F-14Bのようなエンジン換装に加え、電子機器も交換した全天候攻撃機型。
A型同様に偵察任務も可能。
計画のみで中止となったが、以降の改修型のもとになった。

F-14D

B型のようなエンジン換装に加え、レーダーFCSをAN/APG-71に換装した型。
ただでさえ高価な機体が、さらに高価になった。
結局F/A-18の数を揃える事に重点を置かれたため、
新造37機、A型からの改造機(F-14D(R))が18機と、計55機のみの配備に留まる。
非公式愛称はスーパートムキャット

スーパートムキャット21

NATF(F-22N)や、A-12の計画中止を受けて計画された発展改良型。
スーパークルーズ能力の付与や改良型航空電子装置の搭載、マルチロール化し、21世紀でも通用する戦闘機を作り上げる計画。
F/A-18E/Fが採用されたこともあり、計画中止。

F-14AM

2015年現在、F-14を運用しているのはイスラム革命前に機体を購入したイラン空軍のみである。アメリカからの部品供与を絶たれた今も、部品の国産化やロシアの技術協力により、一定の稼動状態を維持している模様である。

AIM-54もイランに供与されたが、当然ながら現在は撃ち尽くしていて、ミサイル本体はおろか部品も殆ど存在せず、代わりとなるFakour90やMaqsoudといった長射程空対空ミサイルを搭載している。Fakour90は余った部品と他のミサイルの部品を組み合わせたAIM-54の改造型との事。また、F-14本体も独自にアップグレードを行ったF-14AMへと改良がされている。イラン空軍への部品の流出を防ぐため、アメリカの各地で展示されているF-14はエンジンや電子機器といった重要な部品は除去されており、ダミーへと入れ替えられている。

なお、エンジンは一部で噂がされているロシア製ではなく、オリジナルのままである。本国でもエンジンの取り扱いには苦労していたが、これはイランでも同様で、これに起因する墜落事故も起こっている。

イラン空軍仕様のF-14は、通常は機首下に装備されている赤外線センサーポッド(IRST)を搭載しておらず、この取り付け基部は小さな突起状のカバーで覆っている。初期に引き渡された機は装備していたがのちに取り外され、イラン空軍機の識別点となった。

ちなみに現在も現役で、ISILに対する空爆を行なったロシア空軍のTu-95のイラン領空内飛行時に護衛として飛行している。

イランに嫁いだおしゃれキャット

イランでは「強力なレーダーを搭載した防空戦闘機」が求められており、F-14はこれに合致する戦闘機であった。が、イラン革命により搭乗員など関係者は投獄(&拷問)され、めぼしい部品はおろか、専門の整備員にすら事欠く有様となってしまった。

だが、状況は変わった。
1980年、イラク軍は川を越えてイラン領に侵入。イラン・イラク戦争の始まりである。
ここに及んでイランの空が無防備になってしまっていた事に気づいた革命政府は、投獄していた戦闘機パイロット達を至急開放し、防衛戦に参加させることにしたのだった。

ここから先は、これまで多くが憶測でしか無かった部分である。
後述の書籍の価値を担保するため、多くを明らかにはしないが、結論からいえば『大活躍であった』ということができる。F-15に比べれば身重なものの、格闘戦では20mmバルカンやAIM-9の威力もあいまって向かうところ敵なし相手が複数でも怖くないと評価され、AIM-54は優れた兵器と言われ、なんと1発で3機撃墜(+損傷1機)した例もあるという。F-14はこのように優れた威力を発揮したものだから、戦争末期になるとイラク軍機が相手をF-14と知ったとたん「F-14だ!逃げろ!逃げろ!」と、戦闘放棄して逃げ出した事まであったのも、当然であろう。

かつてF-14を有名なものにせしめた映画「トップガン」は、現在でも続編の話が現れては消えるが、まさに映画さながらの、まさに大活躍した事例が、地球の裏側で起こったのである。アメリカは今からでもイランと国交正常化して、この内容を「トップガン2」にしたほうがいいだろう。トム・クルーズはグラマンの技師役で出演するとして。

参考文献:「イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊」(大日本絵画・2016年)

関連タグ

戦闘機
F-111:この失敗の経験が、F-14開発に生かされた。

pixivに投稿された作品 pixivで「F-14」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 823787

コメント