ピクシブ百科事典

劇場愛歌

げきじょうあいか

『劇場愛歌』とは、ナブナ氏によるVOCALOID楽曲。
目次[非表示]

『君のせいだ』

概要


『劇場愛歌』とは、ナブナ氏によるmikiオリジナル曲である。
イラストはあわしま氏が担当する。
ナブナ氏の1stアルバム『カーテンコールが止む前に』の収録曲である。

ちなみに、mikiオリジナル曲の動画投稿はこれで初めて。

関連動画

【miki】 劇場愛歌 【オリジナル曲】-ニコニコ動画:GINZA



歌詞

知ってない 聞いてない 待ってない
きっと持ってっちゃったんだ 言い訳の塊を
そっとさ 辛くもないようにしゃがんだら
もう自分に嘘を吐いて 知らん顔の僕がいた

言いたいけど 見返したいけど
ずっと待って何も成してような僕じゃ呼吸さえ出来てない
泣きたいような くだらない文句ばっかり覚えてる
まだ 消えそうにないくらいのさ
あの感じは切り取って笑っていたいのに

「君のせいだ」 僕のせいなんだって
もう考えたくもないよそんなのは
足して引いて出すだけの感傷を振りかざして
あの日描いたそれが乾く前に
消せない願望さえ色を失っていく
あぁ 変わっちゃったって 馬鹿みたいに笑ってさ

違う 信じたい 待っていたい
僕をもっと伝えてたくて そのくせに臆病で
知ってない 何がしたいかもわかってない
もう期待さえ置いてって逃げ出せば楽だろうな

言いたいとか 見返したいとか
そんな声を「ちょっと幼稚だ」って笑って流してしまえたら
どうしようもない 聞こえないなんてもうわかりきってる
あぁ 消えそうにないくらいのさ あの感じで
夢だって妥協しちゃう癖に

嘘みたいに 僕をわかんないで
ってほら残念そうな目で値踏んじゃって
媚び笑ったあの時の僕も死んじゃえばいいよ
馬鹿みたいだ 君もそうなんだ
冷たい観衆なんかもう見ないでいたい
ほら ピンスポットも外れた シートに座ってさ

あぁ 今思い出してみたって
僕らはすぐそれを淘汰していく
どうにも眩しすぎた舞台照明も全部
きっと君のせいだ

嘘をついた 逃げたかったんだ
止まない心臓音が嫌で笑ったって
誰か信じたいだけの僕らの劇場愛歌
惨めなんだ ずっとそうなんだ
消えない願望なんかもう見ないでいたい
あぁ

違う

「僕のせいだ」 全部そうなんだ
ってもう考えないでいたいよそんなのは
足して引いて出すだけの感傷も君のせいだ
馬鹿みたいだ 忘れないなんて またねなんて
ねぇ 今ならもういいかい?
あぁ まだ まだ まだ

関連イラスト

劇場愛歌
『君のせいだ』



関連タグ

ナブナ VOCALOID MIKI

pixivに投稿された作品 pixivで「劇場愛歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42450

コメント