ピクシブ百科事典

一人きりロックショー

ひとりきりろっくしょー

『一人きりロックショー』とは、ナブナ氏によるVOCALOID楽曲。
目次[非表示]

概要

「振り返るそこで笑ってみせて」

『一人きりロックショー』とは、ナブナ氏によるVOCALOIDオリジナル曲である。
ボーカルは、初音ミクGUMI。PVはてく氏が手掛ける。

関連動画

【ミク・GUMI】 一人きりロックショー 【オリジナル曲】-ニコニコ動画:GINZA

歌詞

振り返るそこで笑ってみせて

最終列車の 窓から外がぱっぱらぱっと 変わってしまうようで
今君の言葉が 13 and 45 a-o

大体なんでも 意味はないけど 音さえ鳴ったら それで終い
あぁ ねぇ まだ誰も見てくれない いない いない

果てには 全部淘汰して
俯いた 僕の 頭の中 
「なんも変わんないなぁ」

消えないような言葉で 僕を殺して 何十秒に縋ったままの
固まった意味はもう 君が知ることないよ ないよ らったった
投げ出して話しましょう? この世はすべて 愛情 劣情 なんのこと?
呟いた音さえもうわからない つまづいた僕を笑ってみせて

愛情論者の君の心は さっと変わって移ってしまうような
ただ あの日の事が 13 and 85 ye-e-e

落第 残念 何か違う まだ君の言葉は終わっちゃいない
もう その先は聞きたくない 見ない 見ない

だからさ 声も退化して
失った唄に身を任せて
全部忘れてしまいましょう なんて
そうなっちゃったんでしょう?

魚色の嗚咽が 耳を焦がして 夕焼け色を映したままで
客席の外側の 空はそこに見えるの? 見ないの? らったった
死にたくて俯いて それでも廻る舞台の裏に座ったままで
消えない思い出も もう止まらない 変わらない唄を歌ってみせて

どうかな これでどうかな この歌を他人(ひと)に認めて欲しくて
あぁどうでも 意味はないけど この狭いホールに音を

そうだよ まだ届くかな あの客席の奥 君の元まで
あぁ どうにも聞こえないままのそこに響く 一人きりロックショーを

知らないような気持ちが 僕を壊して 舞台の裏で答えを探して
無様に這い蹲(つくば)る 僕の姿はどうだい? そうかい らったった

見えないような言葉で 僕を殺して もう一回に縋ったままの
消せない思い出がもう止まらない 「君を忘れて楽になりました」
それでも何かがうずいてました 消えなくてひどく痛んでました
何かの言葉を覚えてました いつまでも一人歌ってました
それでもどこか失ったままで それでも呼吸を繋いだままで
それでも何かは埋まったままで それでも心はうずいたままで

振り返る君も笑っていたの

関連タグ

ナブナ VOCALOID

pixivに投稿された作品 pixivで「一人きりロックショー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4299

コメント