ピクシブ百科事典

燭台切光忠(らぶバザ)

しょくだいきりみつただらぶばざ

燭台切光忠(らぶバザ)とは、ニトロプラス原作、DMMゲームズ運営によるブラウザゲームの『刀剣乱舞』と、カプコン制作のガンシューティングゲーム『BIOHAZARD』のクロスオーバーをした二次創作動画『らぶバザ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

※本稿は基本的に動画のネタバレを大いに含むので注意
  掲載の情報は制作しているサークル様のサイトから一部引用しております

※二次創作なので、原作キャラとは若干設定が異なるので注意

人物

リンクスという秘密結社(他称ではマフィア)の幹部であり、ボスの右腕兼コンシェルジュ。仲間には優しいが敵には容赦をしない策略家。料理が上手く、同僚によく振舞っている。
身体に帯びる電気を巧みに使って電子機器を操作したり、脳に刺激を与えて記憶を操作することができる。
世界的に有名な警備会社の専務を務めている。

FBI&CIA編

Chpater3から、太鼓鐘貞宗と共に登場。表向きにはテロ組織ラチェルタの傭兵をしているが、裏では混乱に乗じて組織の情報を盗み出していた。
離脱中に信濃と遭遇し、彼の生存をボスに報告。次いで信濃を守るよう指示を受ける。
足利宝剣から命からがら逃げだしたラチェルタを太鼓鐘が拷問する中、淡々と詰問。
必要な情報を聞きだした後は、大倶利伽羅にラチェルタを処刑させた。

JSAG&ZERO編

JSAGの管理下で過ごすことになった信濃を護衛するため、太鼓鐘と共に来日。信濃が過ごしやすい環境をつくりだすべく、それの障害となりえる警察庁のサーバーをランサムウェアに感染させ、そこを拠点に国内の企業や宮内庁にウイルスをばら撒く。
そうすることで信濃の持つ卓越したITスキルを警察庁に見せつけると共に、AWTの旧役員殺しの罪を着せられて逮捕されそうになった鶴丸を間接的に助けた。
警察の情報を傍受して早急に策を講じ、かつ仲間に的確な指示を与えるなど、組織の参謀的な側面を持つ……かっこいい。

関連タグ

らぶバザ

コメント