ピクシブ百科事典

めがチョロの編集履歴

2016-01-12 21:55:50 バージョン

めがチョロ

めがちょろ

アニメ『おそ松さん』第2話にて登場した、松野家三男・チョロ松の姿。

概要

アニメ『おそ松さん』第2話にて披露された、
『デリバリーコント・本当は怖いイソップ物語』に登場した、女神の様な姿のチョロ松の俗称。

釣り堀にて釣りを嗜んでいたカラ松トド松の前に、突如として十四松と共に堀の水の中から現れ、イソップ童話「金の斧」を元ネタとした謎のコントを繰り広げた。
その際に、泉の女神に扮した彼は、頭と手首に何らかの植物(月桂樹?)で出来た飾りに、白いトーガの様な衣装という、神話上の神々をモチーフにしたと思われる格好を披露した。

ちなみに、手に持っていたのは、鋼鉄の阿修羅像とゼリーの阿修羅像。
ゼリーはピンク色。
そして正直者の十四松に与えたのは釣り竿ではなくて、聖澤庄之助だー。

上記、もしくは略さずに「女神チョロ松」等の呼び名があるが、普通に片乳を露出している辺り、
どこからどう見ても男である


二次創作においては、対極の存在である「悪魔」に扮した、長男のおそ松(通称:デビおそ)との絡みを描いた作品が多い。

関連イラスト



余談

元ネタとなった童話「金の斧」では、斧を落とした木こりの前に現れた神は、
本来女神ではなく、ギリシャ神話の青年神「ヘルメス」であるとされる説がある。
このヘルメスは、神々の中でも最も瞬足で、悪戯好きかつやんちゃな神であるとされている。

どこか、子供時代の彼を彷彿とさせる様な気がしないでもない。

別名・表記ゆれ

女神チョロ松

関連タグ

一般

おそ松さん チョロ松

腐向け

※以下のタグはBL松との併用を推奨します。
デビめが