ピクシブ百科事典

ファルザーの編集履歴

2016-10-08 17:55:37 バージョン

ファルザー

でんのうじゅうふぁるざー

ロックマンエグゼ6でのラスボス、アニメロックマンエグゼbeastでも重要な役割を担っている。

来歴

電脳獣グレイガに対抗すべくケイン市長の祖父が作り上げた巨大な型のワクチンプログラム。口から吐く破壊音波、爪、 炎属性攻撃プログラム等が武器。
初めはグレイガと互角の戦いを繰り広げたが、戦いを続けた結果制御不能となり暴走、さらに被害が拡大してしまった。その結果ファルザーを生み出したケイン市長の祖父は人々からバッシングを受け失墜、社会からも抹消されてしまう。
だが、その途中で膠着状態となったためその隙にグレイガと共にエリアごとアンダーグラウンドに封印された。

WWW(ワールドスリー)首領の科学者ドクター・ワイリーはこれに目を付けチロルサーカスマンを使い電脳獣復活のエネルギーを集めグレイガとファルザーの怨念を復活させ、捕獲しようとしていた。最終的にグレイガは捕獲に成功したがファルザーまで捕獲することはできず撤退する。この後ファルザーはロックマンが自らの体に封印、この結果ロックマンにファルザーの力が宿った。その後もロックマンの封じ込めたファルザーの力を狙い最終的に強化されたブラストマンダイブマンをぶつけ消耗したところをサーカスマンに囚われた後完全にロックマンを支配した。
その後ロックマンから解き放たれ、エレメントマンが奪ったフォースプログラムを積んだ巨大コピーロイドでグレイガと共に完全に復活、その雄叫びは彩葉シティの全ネットワークに影響が出る程だった。
その後コピーロイドにプラグインしたロックマンに倒されたが、最後の手段で消耗したロックマンの体を乗っ取り、カーネルとアイリスに襲い掛かったが融合した2人に本体を抜き出されて倒された。(この後コピーロイドに搭載されたフォースプログラムが爆発し、才葉シティは甚大な被害を受けた)

他媒体でのファルザー

アニメ「ロックマンエグゼbeast」では設定が異なり、ビヨンダートという異世界でグレイガと戦いを繰り広げている。
電脳獣配下のナビはゾアノロイドと呼ばれていて、それぞれ所属する勢力の電脳獣の力を引き出すことができる。
第1話「ビヨンダート」で現実世界に半実体化し街を破壊しながら登場し、電気エネルギーを得て実体化しグレイガと現実世界と電脳世界で戦うが突然消えた。
終盤でグレイガとの戦いに敗れてグレイザーとして吸収されてしまった。

漫画版では、アンダーグラウンドでのネットナビによるバトルロイヤル中に突如現れロックマンを襲撃するがフォルテに抑えられ力を半分以上吸収されて力を失い、失われた力を補うためグレイガと融合し超電脳獣グレイザーとなった。

余談

  • 天然物であるグレイガと違い人工物であるためかゲームではHPが若干低い。ファルザー側の地形は全て穴パネルで固定され、ファルザーも動き回るので長期戦になりやすい。
  • ロックマンXに登場するシグマとは「元々正義のために作られたがウィルス感染により暴走した」という共通点がある。更に言えばシグマを開発した人物はケイン博士である。
  • アニメ・漫画版などではグレイガの方がクローズアップされ、こちらは影が薄くなってしまっている。


関連項目

ロックマンエグゼ ロックマン グレイガ グレイザー カーネル アイリス