ピクシブ百科事典

ニューボーンの編集履歴

2020-05-12 15:39:21 バージョン

ニューボーン

にゅーぼーん

映画「エイリアン4」に登場した新種のエイリアン

概要

エレン・リプリーの遺伝子を受け継いだクイーンエイリアンの子宮から誕生した新種。
その名の通り、人間の骸骨のような顔が特徴で目の部分には瞳があり、従来の無機的なエイリアンとは異なった有機的な肉体で構成された異形の生物。

エイリアンよりもより人間に近くスマートな体型だが、体格は通常のエイリアンよりも大柄。そのパワーは凄まじく、腕の一振りでクイーンの頭部を粉砕し即死させるほど。粘液に覆われた皮膚も柔らかそうな見た目に似合わず頑丈なようで、クイーンを殺害した際に浴びた強酸性の返り血の中でも平然としていた。ちなみに視覚よりも嗅覚を重視して行動しており、匂いで同族か敵かを識別している。
口内にはインナーマウスの代わりに舌があるため、噛みつく攻撃で獲物を襲う。
血液も酸性ではなく赤色と人間の要素を他にも多く備え、感情を鳴き声だけでなく表情にも表し、またリプリーに指示されれば敵を襲撃するのをやめることもできるため知能も強化されている様子が窺える。

ニューボーンはクイーンの子宮から胎内出産されたが、産みの親であるクイーンと自身の匂いが違っていたため、ニューボーンはクイーンを母親と認識せず憎悪の形相で容赦なく惨殺、遺伝子上では祖母にあたるリプリーと自身の匂いが一致していたため母親と認識し懐いていた。リプリーに対する眼差しは母親に甘える子供の様でもある。

エイリアン4



だが、その一方ではリプリー以外の人間に対しては他のエイリアンと同様、敵と認識し積極的に攻撃する凶暴性も持ち合わせていた。それは母親の仲間であっても、敵であっても同じく獲物として認識してしまうほど。またニューボーンは自分を生んでくれたクイーンですら敵と判断し抹殺した。そのためニューボーンは同族であるゼノモーフすらためらいなく殺すことが推察されるためシリーズ最凶の存在でもある。

ニューボーン



ストーリーの終盤でリプリーがオーリガ号をベティ号で脱出する際に、彼女の後をついて行っており船に侵入。ニューボーンは壊れたペティ号の扉を怪力で閉め母親に貢献し、一行は脱出した。しかし、ニューボーンは母の仲間であるディステファノを殺し、次いでアンドロイドのアナリー・コールを壊そうとしたため、リプリーがコールを助ける。そしてリプリーが自身の酸性の血液をペディ号の窓に付着させたため窓に穴が開き、ニューボーンの体がその穴にはまった。この急減圧にはニューボーンの強靭な体すら耐えられなかったようで、皮膚が破れて体の内側から宇宙空間に体組織が吸い出されていった。リプリーは、例え凶暴なニューボーンであろうと我が子のような存在だったため、最期は涙する彼女に看取られるように宇宙空間へと投げ出されていった。

関連タグ

エイリアン ALIEN ゼノモーフ ニュート
ハーフ 哀しき悪役 クイーンエイリアン