ピクシブ百科事典

アーマンド・ディペットの編集履歴

2020-12-06 15:54:59 バージョン

アーマンド・ディペット

あーまんどでぃぺっと

『ハリー・ポッター』シリーズのキャラクター。アルバス・ダンブルドアの前のホグワーツ校長。

概要

アルバス・ダンブルドアの前のホグワーツ魔法魔術学校校長。
前任のフィニアス・ナイジェラス・ブラック校長の死亡に伴い、1925年に校長に就任した。

所謂爺世代の面々がホグワーツに在籍していた頃の校長。
『ハリー・ポッター』シリーズ本編に出てくる教員はだいたいこの人の時代から勤務している。
ファンタスティック・ビーストシリーズではダンブルドアは元は闇の魔術に対する防衛術の教授だったが、途中から変身術の教員となったことが明らかとなる。

優等生だったトム・リドルの危険性を見抜けず、秘密の部屋事件ではルビウス・ハグリッドへの冤罪を見過ごしてしまった。
またディペットが校長時代にクリスマスに生徒による演劇が催されていたが、魔法生物飼育学教授が用意した魔法生物の引き起こした火事と生徒同士の恋愛トラブルに起因した決闘騒ぎによって多くの生徒たちが怪我を負い、ディペットはホグワーツで演劇を催すことを禁じている。
また映画版のアズカバンの囚人において、ホグワーツ城敷地内にヒースやイチゴを植えたことがダンブルドアによって言及されている。

ゲームホグワーツの謎ではアルマンド・ディペット表記。
なんと、HarryPotterLimitedEdition(映画版のセット)によれば1637年生まれの1992没、なんと享年354 or 355歳越えになる。
これは115歳くらい生きたダンブルドアの二倍以上の寿命。

関連タグ

ハリポタ ホグワーツ魔法魔術学校 校長

前任者フィニアス・ナイジェラス・ブラック
後任者アルバス・ダンブルドア

長寿 センテナリアン