ピクシブ百科事典

グリード(仮面ライダーOOO)

ぐりーど

平成仮面ライダー第12作『仮面ライダーOOO』に登場する怪人たち。
目次[非表示]

概要

GREEED


約800年の眠りから目覚めた幹部クラスの怪人達。当時の科学者(錬金術師)たちによって、欲望の渦から生み出された。力を求める800年前の王が当時の科学者に作らせた存在で、元々は各カテゴリー10枚ずつの、コアメダルという単なるモノの集まりでしかなかった。
このコアメダル群から1枚を抜き取り、9という「欠けた」数字にした結果「足りないが故に満たしたい」という欲望が生まれ、自立意思を持つグリードが誕生した。欲望の核を担う3種類・3枚ずつの『コアメダル』と、体を造る数百枚の『セルメダル』で構成されている。
名前の由来は『欲望』から。(アンク曰く、グリードは欲望の塊)

セルメダル人間に入れることで、人間の欲望を糧にして成長する下級怪人ヤミーを作りだすことができる。 劇中のグリードは「セルメン」と呼ばれる不完全体で、メダルの数が不足しているため本来の力が出せていない。 しかしそれでもオーズを圧倒する、ヤミーとは別格クラスの実力を持ち合わせている。しかしそのままの状態だと強大な力を持つコンボ形態には(相性が良いときを除き)一歩及ばない。
完全体になるとセルメンには持ち合わせていなかった能力が追加、単体でオーズのコンボ形態すら圧倒できる実力を備えるようになる。

他のグリードのコアメダルを取り込むとそのグリードの属性技が使えるようになったり、自分のヤミーの性質にそのコアメダルのグリードのヤミーの特性が加わり合成ヤミー誕生するなどの肉体的変化が生じる。また16話のガメルや46話のアンクなどある程度他のグリードのコアメダルを取り込めば例え自分のコアメダルが足りなくても完全体になることは可能。
ただし完全体でない状態で他グリードのメダルが一定量以上になると、暴走する危険性があり一種の賭けになる。
また完全体でも大量にコアメダルを投入されると力を抑えられなくなり、暴走しメダルの器と化してしまう。

名の通り「欲望」が中心的な位置にある存在であるが、逆に言うと欲望しか存在せず欲望を満たす事が出来ず、それを感じる肉体的ツール(味覚聴覚視覚等)や感情的ツール(愛情等)も人間に比べ退化している。そのため、はピンボケ写真のようにくすみ、は濁り、けん玉料理の区別すらつかない
完全体になるとそれらのツールは完全となるものの欲望自体は満たされず人間を喰らい、それでも満たされない場合は世界自体を喰らい尽くすらしい。
(なおアンクは泉信吾憑依してるため、信吾の肉体を通じて初めて欲望を感じるツールを感じることになった。)
その為自分の欲を満たす為、必然的にグリードはコアメダルを求める事となり、不完全な上いつもいつもメダルが中心となる為アンクはグリードであること自体を非常に嫌悪している。

現在に適応するため人間体も習得(アンクは泉信吾への憑依、他は肉体の変化によるもの)。 基本的には不死身であり、倒されてもメダルがバラバラになるだけ。意思を司る最低1枚のコアメダルと充分な数のセルメダルがあれば復活できる。 逆に言うとコアメダルだけでは復活できず、「封印」された状態になる。
しかし、プトティラコンボ及び紫メダルの出現により状況は一変。
紫のメダルの力はコアメダルをも破壊できる為、意識を内包するメダルを破壊された場合グリードに「」の概念が誕生してしまう。一応アンクのように意識を内包するメダルを破壊されなければ死なないものの、メダルが欠ける=完全復活の道が断たれるのでどのみちグリード達にとって死活問題である。

複数の生物が融合させたキメラと言える存在であるが、デザインが統合されており同種族の動物が多いことからキメラという事は感じにくい。むしろ錬金術師が作り出す人工生命体という点からホムンクルスに近い。


グリード達

詳細はそれぞれの項目を参照。

アンク

赤(鳥系)のメダルで構成されているグリード。
しかしある理由で右腕しか再生できなかった。
他のグリードとは一緒に行動せずに火野映司と行動している。
後に右腕のみの復活の理由は別にある事が判明。

ウヴァ

緑(昆虫系)のメダルで構成されているグリード。下半身が不完全。

カザリ

黄色(猫系)のメダルで構成されているグリード。下半身が不完全。

メズール

青(水棲系)のメダルで構成されているグリード。上半身が不完全。→メズール人間体

ガメル

灰色(重量系)のメダルで構成されているグリード。上半身が不完全。

ギル(恐竜グリード)

紫(恐竜系)のメダルで構成されているグリード。ドクター真木のグリード体。
劇場版で名前が語られたのみだったが、44話にて姿をお披露目。
最初から完全態であり、彼のみベルトの色が銀色。
なお「ギル」の名称は劇場版「MOVIE大戦CORE」のみ。

アンク(ロスト)

赤(鳥系)のメダルで構成されているグリード。
右腕と顔が不完全。アンクが右腕のみ復活した真の理由。

映司グリード

紫のコアメダルを取り込んだ火野映司がグリード化した姿。
概ね先述の恐竜グリードに準じた姿だが、細部が異なる。

ノブナガ(鎧武者怪人)

MOVIE大戦COREに登場。最新の科学技術とセルメダルによってホムンクルスとして現代に蘇ったノブナガが変身する人工グリードといえる存在。当初は不完全体だったが後にドクター真木の手によって黒のコアメダル(サソリ、カニ、エビ)を取り込んだことで完全体となる。

ショッカーグリード

レッツゴー仮面ライダー』に登場。ショッカーが1971年に開発していたコアメダル「ショッカーメダル」に、タイムワープしてきたアンクが落としたセルメダルが宿って誕生した、本来の歴史では存在しないグリード。
なお、『S.I.C』オーズエピソードで、ゲルショッカーグリード、デストロングリード、ゴッドグリード、ガランダーグリード、デルザーグリードも登場している。別の『S.I.C』のエピソードではネオショッカーグリード、ジンドグマグリード、バダングリードが登場した。

錬金術師ガラ

将軍と21のコアメダル』に登場。グリードたちを生み出した錬金術師たちのリーダー格であったが、その力を恐れた800年前の王に幽閉される。しかしだけの状態で800年もの長き間を生き延び、鴻上ファウンデーションの発掘作業の影響で現代に復活を遂げ、偶々近くにいた若葉五月という女性の身体を乗っ取って彼女をコアメダルの代用として使用することで疑似グリードとして完全復活を遂げた。

仮面ライダーポセイドン

本来は未来の世界で戦う仮面ライダーだったが、過去の世界から時間跳躍してきたコアメダルを吸収したことで変身に使用していた自我を持たないはずの海洋生物のコアメダルに自我が芽生え暴走。変身者の体を乗っ取り、闘争本能にまかせて暴れまわる「仮面ライダーの姿をしたグリード」と化してしまった。

800年前の王

本編の回想シーンや小説に登場。欲望の塊ともいえる人物で、彼が変身するオーズの実力は他のグリードたちをはるかに凌駕していた。最終的にはセルメダル暴走で死亡する。なお、子孫である鴻上光生はグリード化した人間だと推測していたが、詳細は不明である。

関連タグ

仮面ライダーOOO 人造人間

ドーパント←グリード→ゾディアーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「グリード(仮面ライダーOOO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106666

コメント