ピクシブ百科事典

ドクターイエロー

どくたーいえろー

正式名称は「新幹線電気軌道総合試験車」。黄色い新幹線で営業用車両では無い。
目次[非表示]

概要

名前の通り、線路架線信号設備、通信設備等を270km/hで走行しながら点検する、新幹線の線路のお医者さん。

2週間に一度、東京-博多間を走行する。ダイヤは基本的に公開していないが、日中に走るのでたまに目にする。

特徴は一目瞭然、言葉通りの「黄色の新幹線」。等で入線した際の注目度はほかのどの車両に比べても大きい。

出会うと幸せになれる、幸せの黄色い新幹線
という都市伝説が鉄道趣味誌ならず全国系一般新聞等の記事で載るほど、今や著名な存在となった。非旅客用車両でここまで愛称で呼ばれることが多いのは他に例を見ない。

車内は測定用の機器が満載されているが、添乗用に通常の座席も用意されている。

国鉄時代から東海道新幹線0系ベースの922形が使用されたが老朽化や高速化の為、現在は700系新幹線をベースにした923形が活躍している。JR東海JR西日本で一編成ずつ所有している。

JR東日本では東北新幹線向きに925形(962形試作車の改造と新製の2編成)が活躍していたがこちらも老朽化の為廃車になり、現在はE3系をベースとした「East-i」が使われている。こちらは白と赤であり、救急車を連想させる。

JR九州九州新幹線では同種の車両を保有していない。では西日本から借り受けるのかというとそうではなく、営業用の800系にそれぞれ検測に必要な機器を分散して積載し各々点検を行っている。
一説に次世代のドクターイエローは建造されず、九州と同様の方式が取られるという説も存在する。一方でこの方式は営業用車両へのメンテナンス負荷が余計にかかるなどのデメリットもあり、次世代車の動向は今のところ不明。700系が現役のうちは当面使用されると思われる。

なお、JR東海は既に700系新幹線の全車引退を発表(西日本は未発表)しているが、ドクターイエローの去就については言及はない。

外部リンク

Wikipedia「ドクターイエロー」

関連イラスト

正面画 JR東日本925形10番台ドクターイエロー


初代ドクターイエロー

初代はこんな形だった。

関連タグ

東海道新幹線 山陽新幹線 700系
East-i

非関連タグ

末期色(一緒にしてはいけない)
黄色い救急車(同上)

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクターイエロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22315

コメント