ピクシブ百科事典

パプテマス・シロッコ

ぱぷてますしろっこ

パプテマス・シロッコ(Paptimus Scirocco, U.C.0061年~0088年2月22日)は、アニメ『機動戦士Ζガンダム』の登場人物。
目次[非表示]

CV:島田敏

「生の感情丸出しで戦うなど。これでは、人に品性を求めるなど絶望的だ。」

概要

地球連邦政府の木星資源採掘船ジュピトリスの責任者。
階級はTVでは大尉、劇場版では大佐
木星船団を統率する指揮官であり、いわゆる「木星帰りの男」。
自らを「歴史の立会人」と称して傍観者的立場を決め込むものの、長年に渡る木星圏での生活は彼にある種の悟りを開かせるものだった。

ニュータイプの資質を有し、事態を予見する洞察力、優秀なモビルスーツを独自に開発する知識を備えた天才肌の軍人である。
更には自身にとって有益と思える人物を惹き付ける天性のカリスマを備える等、非の打ち所の無い完璧さを兼ね揃えているのだが、その内面は非常に傲慢かつ自信過剰で、自分が認めるに値しないと見た他者に対しては、ひたすら傲岸な態度をとっていた為に、自身直属の配下を除く人間達の多くから、反感を買い続けていた。

パイロットとしての能力もとても高く、自ら開発したニュータイプ専用機ジ・Oでファンネルの挙動すら予測し、これを完全に封じている。
最終的にΖガンダムバイオセンサーの力を解放したカミーユ・ビダンに操縦を奪われるまで、作中一度も直撃弾を被弾することがなかった。
戦闘で発揮されるニュータイプ能力についても、ハマーン・カーンと互角に渡り合い、カミーユの精神を崩壊に追い込むほどの力があり、シャア・アズナブルクワトロ・バジーナ)をニュータイプのなり損ないと揶揄するシーンも見られた。
もっともシャアの場合は、相手のMSと性能の差が広がり過ぎていたのが、有利であった理由と言えなくも無い。
そうした自らの能力に対する絶対の自信か、劇中ではノーマルスーツを一切着用しなかった。

しかし、そういった自信が大きな仇になるどころか、むしろ裏目に出てしまう事も少なくない。
特にティターンズエゥーゴ、そしてネオ・ジオン三つ巴の戦いが、佳境に向かっていた状況下で、ジャミトフ・ハイマンを暗殺してティターンズの実権を握ろうとしたのは大きな失策で、常日頃から自信に反感を抱いていたナンバー2のバスク・オムが素直に従うはずも無く、彼をレコア・ロンドに始末させてもかえって指揮系統は混乱する一方となり、更にその隙を突く形でコロニーレーザーの「グリプス2」がエゥーゴに奪われる事態となってしまう。そして発射されたグリプス2のレーザーによって、ティターンズの艦隊の大半は失われてしまい、この時点でシロッコの計略は完全にご破算で終わってしまった。

最期はニュータイプを発揮させたカミーユによるΖガンダムの突撃を受け死亡。しかし、死ぬ間際にカミーユの精神を連れていった。(アニメ版)
劇場版では「女達の所へ戻るんだ!!」の叫びとともに突撃したカミーユのΖガンダムに倒され、そのままジュピトリスを道連れに死亡した。

シロッコの思想

シロッコは劇中で「この戦いが終わった後は恒星間旅行にでも行く」と語るなど、権力を掌握することそのものには興味が無かったように描かれている。
シロッコはティターンズに与しながらも、「重力に魂を引かれた人々の解放」という、エゥーゴの理念と同じものを掲げているが、その事実を指摘したクワトロの言葉を断固認めようとはせず、また自分の理念の詳細を語ることも無かったので、劇中からは具体的な指針はわからない。
見方によれば「情勢を操り世界の流れを決める事はするが、その後の具体的な統治をするつもりは無い」とも取れ、その事に薄々気付いていたのか、ハマーンは、シャアに「共に世界の事を考えよう」と呼びかける際、シロッコを指して「小うるさい見物人」と揶揄する場面もあり、シャアは彼をして「役者」と表現している。

シロッコは男性的権力、或いは個人的才能のみで世を治めることは出来ないとして「女性による世界統治」を提唱している。
彼はサラ・ザビアロフレコア・ロンドといった女性を配下に置いており、これは自らの感性をも研ぎ澄ませていたと語っており、彼女らの中に己の持ち得ぬ異性なるがゆえの美点を見出し、一個の男性として誠実に学びながら接していたと思われる。それ故、サラが戦闘中に自らを庇って戦死した折、普段の様子からは考えられないほどシロッコは激怒し、彼女を撃墜したカツ・コバヤシへと銃口を向けている。

しかし一方で、シロッコは「天才」が世界を引っ張っていき、そして自分はその「天才」であることを仄めかす発言も多く、実際に優れた技術的・政治的才能を有するシロッコは、自らの野心を心中に燻らせていた感が否めなかった。
前述の思想や発言等に関しても、自分の考えが正当な物である事を証明させる為の「詭弁」でしかないとも取れ、彼が戦乱に身を投じた真の理由は、木星という僻地で持て余していた己の才能を、「戦場」という舞台を借りて存分に発揮することであったとする見方もある。

また、サラやレコアにつても、「自分にとって有益になる便利な手駒」としか見ていなかったのではないかという見解もある。
実際サラにはグラナダ落としに関するアーガマへの密告や、フォン・ブラウンへの爆破テロといった汚れ役を行わせ、レコアに対してもコロニーへの毒ガス攻撃を止めなかったり、バスクの始末といったやはり汚れ仕事を命じており、あくまでも実行を彼女達にさせる事で、シロッコは可能な限り自身の手を汚さずまた自信の身に起きるリスクも極力減らしていたのではないかと言えば、やはり否定は出来ない。
ただし、ジャミトフの暗殺といった万に一つでも失敗の許されない計画に関してだけは、自身の手で実行している。
もしこれらが真実とすれば、サラが死んだ時の怒りも、「自信の有益な手駒を減らされた事への怒り」とも取れなくも無い。実際、劇場版のカミーユとの決戦時は、霊体になって自身を守ろうとしていたサラを拒絶していたらしく、同じく霊体になりサラを説得していたカツ・コバヤシが、その事実を指摘している。

結局彼の非凡過ぎる才能は、更なる災いの種を呼び込むことに繋がり、他者を自分の野心のための手駒(劇場版では『家畜』)にする傲慢さ故に、「究極的な最高のニュータイプ」と称されるカミーユの怒りと、そして死んでいった者達の「魂の念」によって、その野望に終止符を打たれてしまう。


設計したモビルスーツ

ガブスレイ
バイアラン
ハンブラビ
メッサーラ
ボリノーク・サマーン
パラス・アテネ
ジ・O
タイタニア

関連タグ

シロッコ メッサーラ ジ・O サラ・ザビアロフ レコア・ロンド マウアー・ファラオ カミーユ・ビダン Zガンダム おわり スイカバー

pixivに投稿された作品 pixivで「パプテマス・シロッコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175581

コメント