ピクシブ百科事典

福井鉄道

ふくいてつどう

福井県に路線を持つ私鉄
目次[非表示]

福井鉄道(ふくいてつどう)は、福井県鉄道バスを運営する会社。通称「福鉄(ふくてつ)」。元々は大正時代に、鯖江市にあった日本陸軍第三六歩兵連隊を輸送する目的で敷設された鉄道路線を運営する会社であった。

鉄道

路線

福井鉄道(福鉄電車)の路線は現在、福武線(ふくぶせん)の1路線のみである。

福武線は、越前市越前武生駅を起点、福井市田原町駅を終点とする、越前市~鯖江市~福井市の21.4kmの路線である。福井市の赤十字前駅から北は軌道区間となっており、福井市内は路面電車として運行される。福武線には大型・小型の車両が存在するが、特に乗り換え等はなく、大型の車両であってもそのまま軌道区間に乗り入れする。

福井駅前駅~市役所前駅の間は本線から分岐した支線のような形になっており、一部列車を除いて越前武生⇔市役所前⇔福井駅前⇔市役所前⇔田原町という風に、スイッチバックを2回行う形で運行される。

2016年3月27日から、田原町駅で接続しているえちぜん鉄道との相互直通運転を実施。乗り入れ区間は三国芦原線鷲塚針原駅まで。

車両

現在、福武線を運行する車両として、大型車両(200形・600形・610形)と小型車両(770形・800形・880形・F1000形・F10形)がある。福井鉄道発注の車両は少なく、多くは資本関係のあった名古屋鉄道(名鉄)などから車両を譲り受けていた。大型車両については、F1000形により置き換えられる見込み。
2016年春からは直通運転先のえちぜん鉄道のLRV車両(L形)が乗り入れ。

大型車両

形式以前の運行路線
200形(福井鉄道発注。)
600形・610形名古屋市営地下鉄名城線愛知県


小型車両

形式以前の運行路線
770形名古屋鉄道岐阜市内線・揖斐線(岐阜県
800形名古屋鉄道美濃町線・田神線(岐阜県)
880形名古屋鉄道美濃町線・田神線(岐阜県)
F1000形(福井鉄道発注。200形、600・610形の置き換え用でLRV車両)
F10形ドイツ シュツットガルト市電→土佐電気鉄道(現:とさでん交通)(高知県)

※在籍しているF10形1編成の車両番号は「735」である。

停車駅一覧

※えちぜん鉄道の乗り入れ区間も掲載。
●:停車 レ:通過 ‖:福井駅を経由せず それ以外は設定なし

駅名普通普通区急急行急行
越前武生
北府
スポーツ公園
家久
サンドーム西
西鯖江
西山公園
水落
神明
鳥羽中
三十八社
泰澄の里
浅水
ハーモニーホール
清明
江端
ベル前
花堂
赤十字前
商工会議所前
足羽山公園口
市役所前
※分岐区間福井駅
市役所前
仁愛女子高校
田原町
※えちぜん鉄道福大前西福井
※えちぜん鉄道日華化学前
※えちぜん鉄道八ツ島
※えちぜん鉄道新田塚
※えちぜん鉄道中角
※えち鉄臨時駅仁愛グランド前
※えちぜん鉄道鷲塚針原

バス

福井県内の路線バス、および大阪・名古屋・東京方面の高速バスを運行している。また、観光バスも運行している。

その他

2010年1~3月に某携帯電話会社のCMに、福武線の北府(きたご)駅(撮影当時は西武生(にしたけふ)駅)と200形電車(201号)が使用され、話題となった。この縁あって、同年4月12日付けで、「お父さん犬」が名誉駅長に就任、携帯電話会社よりぬいぐるみが寄贈された。

関連イラスト

夕日を浴びて
短時間挑戦 1730


関連タグ

福井県 北陸本線((越前)武生~福井間で併走) えちぜん鉄道

pixivに投稿された作品 pixivで「福井鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8868

コメント