ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

熊本県在住。名前の由来は『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』に登場する同名のドラゴンで、ネット上で使用する名前を考えながらプレイ中遭遇して、そのまま拝借したとのこと。

FC2で度々ライブ配信を行っており、参加ユーザーから抽選でリクエストを受けていた。以前はTwitterのリツイート者から選んでいたが、参加者の増加に伴い競争率が非常に高くなり、また複数アカウントでのリク当選率稼ぎなども問題となったことから、現在は「指定時刻ジャストにコメントした人からさらに抽選」という形式をとっていた。ただしIDが複雑かつ1度の配信や日付変更、通信切断などからのログインごとに変化するなど個人特定要素としては不安定で、また他の匿名視聴者と混合や、それを利用したなりすましなどのトラブルが発生しかねる危険性もあるため、視聴の際は抽選時に入力するジャジャラ氏の負担軽減のためにも可能な限り個人特定がしやすいユーザーネームを設定することを推奨されていた。

現在はpixivを退会されたため、同氏の作品については閲覧することは出来ない。

驚異の変態ぶり

特筆すべきはライブ配信における作成速度、並びに性癖の幅広さである。
速度に関しては大抵リクを受けてからラフ→線画→色塗り→アップロードまでの流れを2~3時間でこなし、大体1度の配信で2、3件のリクを受け持つ。

性癖の幅は非常に広く、モンスター娘男の娘輪姦など近年メジャーになりつつあるがあまりいい顔をしない人もいるネタから、スカトロ汚っさんなどのかなり人を選ぶもの、果てはBLモノを描いたこともあるそれ用のアカウントも持っている。興味のある人は後述のプロフィールを参照)。配信中に「苦手なジャンルやシチュはありますか?」とコメントで尋ねられた際は、「特にないと思う」「多分オッサン同士のBLでも大丈夫」と返答している。

そうした対応ジャンルの広さに加え、視聴者の性癖もあって配信のリクではキャラはともかく、大抵1回ごとに1度はスカトロ、超乳ふたなりのどれかが希望され、それ以外にも「オッサン数人に輪姦」「身体熟女化」など際どいネタが多く、後述のリンクから見れる作品一覧はある種の魔窟と化している。ただし肖像権の問題から実在の人物は対象外とのこと。またオリジナルキャラクターの場合、過去に原作者の了承を偽装され未承認のキャラを描かされた(指摘を受け問題になる前に削除している)こともあって、原作者の明確な公言(描いてもいいのよなどの承認系タグなど)がない限り描かないと明言。

なおアニメキャラのリクを受けることも多々あるが、「アニメはあまり見てない」とのこと(リクを受けるとその都度googleで参考用の画像を検索するが、何度も繰り返し描いていると「見ないでも描けるようになった」と資料を探さずに描き始めることも)。本人曰く小学生の頃に母親からパソコン1台をもらい、ネットをしていたとのこと。(当然褒められたことではないが)そこで早い段階からエロサイト巡りもしていたようだが、その際見かけたのがスカトロ系のエロサイトで、高校時代に初めて描いたエロ絵もスカトロものだったとのこと。その後もマニアックな性癖系をメインにしていた。

関連リンク

コメント