ピクシブ百科事典

社会主義の編集履歴

2014-02-18 22:54:21 バージョン

社会主義

しゃかいしゅぎ

資本主義社会の貧困・失業などの諸問題を、資本や富の共同所有・管理によって解決しようとする考え方。

社会主義〈しゃかいしゅぎ、英語:Socialism〉

社会主義とは、個人の財産権を制限し、産業や富を共有管理することによって資本主義社会の諸問題を解決しようとする思想。特に生産手段の共有によって搾取のない社会を目指す思想は共産主義とも言う。

歴史

着想そのものはかなり古くからあり、イギリスのロバート・オーウェンによる幼稚園協同組合の創設などが知られている。

マルクスエンゲルスは、ヘーゲル弁証法をうけつぎつつ唯物論にもとづいた世界観科学的社会主義)を確立した。

また、マルクスは経済学を長年研究し『資本論』を著述した。

当時、国家を否定するアナーキズム(無政府主義)や、政府要人を説得し国家の援助を受けて社会主義化をすすめようとするラサールが力をもっていた。マルクスは彼らと激しく論争した。

19世紀末以降、改良主義的な社会民主主義が力を持った。これに対して、共産主義者や無政府主義者は、資本家の利益を代表する権力を倒さなければ労働者は解放されないと主張した。

19世紀後半のドイツ帝国では、ビスマルクが社会主義者を弾圧しながら、その一方で医療保険、公的年金などの社会政策を導入した。これは「アメとムチ」の政策と呼ばれている。

ロシアではロシア社会民主労働党が結成され、その後レーニンロシア革命を起こした。革命の主力となったのは各地に結成された民会(ソビエト)であった。1度目の革命でロシア帝国を倒してロシア臨時共和国を建国し、2度目の革命でボリシェビキ(後のソビエト共産党)が実権を掌握した。

ロシア革命成功後はマルクスの思想が社会主義の主流となった。

その後スターリンが登場し、粛清恐怖政治の一党独裁国家体制を確立した。

1930年以降、社会主義国への対抗や大恐慌への対応のため、欧米各国は社会福祉政策を取り入れるようになった。ドイツのナチスは、共産党や社会民主党の台頭に対抗して「国家社会主義」を名乗った。ナチスは政権をとると、共産党・社会民主党・労働組合などを禁止し、社会主義的な政策を強調していたナチス左派を粛清して全体主義と軍事大国化への道を突き進んでいった。

スターリン死後、スターリンに対する批判がおこなわれた。ヨーロッパでは「ユーロコミュニズム」とよばれる動きがおこった。

1960年代から70年代にかけてラテンアメリカで貧困と抑圧からの解放を求めるキリスト教の運動が生まれ、「解放の神学」と呼ばれた。

1991年にソ連が崩壊した。

外部リンク

kotobank

関連タグ

思想 / 政治 / 哲学 / 経済 / 資本主義 / 共産主義 /マルクス / 民主主義 / 社会党 / 共産党

Pxivにおける社会主義タグ

pixivでは社会主義を掲げる(掲げていた)国家国旗や関連する人物を描いた作品につけられることが多い。