ピクシブ百科事典

カマリア・レイの編集履歴

2015-10-15 23:04:37 バージョン

カマリア・レイ

かまりあれい

カマリア・レイとは、『機動戦士ガンダム』のキャラクター。

概要

CV:沢田敏子 / 倍賞千恵子/池田昌子(特別版)
カマリア・レイとは、『機動戦士ガンダム』のキャラクター(画像右)。

アムロ・レイ母親で、テム・レイとはアムロが幼いころに別れて別居して地球で暮らしていた。
アニメでの登場は13話。
住んでいる場所が空襲に遭ったため一年戦争では避難民キャンプでボランティア活動をしている。しかしこの事が原因で実家が長期にわたって空き家にしており、連邦軍兵士によって無惨に荒らされていた。そんな中ホワイトベースの乗組員となったアムロと再会し、喜び合った。その後アムロに空襲について話す中、二人のジオン兵が偵察に来てアムロの身元がバレそうになった時1人を射殺した(ここで逃げる兵士もおかしいのだが)。その場でジオン兵に発砲するアムロを見て「昔のような優しい子に戻って欲しい」と願うも完全に軍人であるアムロに腹を立たせるだけだった。走り去るアムロの後ろに向かって「情けない子」と嘆いた後どうしてああなってしまったのかと泣き崩れていた。アムロの戦闘後ブライトと対面。ブライトはアムロにここに残るかと言うが、アムロははっきりと断絶を決意し、敬礼した。これ以降の消息は放送から数年経った現在も明かされていない。余談だが別れるシーンで彼女の背面にバイクを止めている男性を見る事ができるが、小説版ではアムロが幼少期の頃から彼女と何かしらやり取りをしているようである。要するにアレである。


関連タグ

テム・レイ アムロ・レイ