ピクシブ百科事典

ヤシマ作戦の編集履歴

2011-03-12 19:46:56 バージョン

ヤシマ作戦

ヤシマ作戦とは、アニメ新世紀エヴァンゲリオン』の作中用語。
テレビシリーズ第六話『決戦、第3新東京市』のラミエル戦にて行われた作戦の名称。
別名「二子山決戦」。

概要

第5使徒ラミエルが第3新東京市に侵攻する。
ラミエルはビームによる遠隔攻撃を備えており、エヴァ初号機は一度敗退していた。

近づくことすら困難な状況。これに対して、葛城ミサトは遠距離からの狙撃を提案する。
だが、作戦に使用する陽電子砲(ポジトロン・スナイパー・ライフル)には、大量の電力が必要だった。
そこで、全日本国民の協力の下、日本中の電気の供給をストップし、すべての電力が陽電子砲に集められることとなる。

射撃者は初号機に搭乗する碇シンジ
サポートは零号機に搭乗する綾波レイ

備考

テレビシリーズ第壱話から第六話までをセルフリメイクした『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:』でも、同様の作戦が行われた。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン ラミエル