ピクシブ百科事典

ドタバッタンの編集履歴

2018-02-03 18:01:08 バージョン

ドタバッタン

どたばったん

タツノコプロが製作したSFギャグアニメ『タイムボカン』に登場するタイムマシン

概要

ショウリョウバッタ型のタイムマシン。
木江田博士の拉致に失敗し、マージョたちのアルマジロメカに消された昆虫人が残していったタイムマシンを改良したもの。

ホタル型のヘリコプター・ヘリボタルと、尺取虫型のメカ・シャクトリンを搭載し
後ろ足のキックと、機体前方から発射される飛び道具(話によって出す武器が違う)で戦う。

四本の肢による歩行やジャンプの他、機体下部からキャタピラを出して走行。機体側面から羽を出し、後部左右にある噴射ノズルで飛行する。
初出動は29話からで、出動回数は14回。
記念すべき最終回に登板したのはこのメカだった。
51話では宇宙ロケットサターンを接続して月へ行った。 

備考

「タイムドッタリバッタリ」

本編でこのメカが登場すると、マージョが「ドッタリバッタリ」などと名前を言い間違えるお約束ネタがあった。
このネタは次回作のヤッターマンにも引き継がれ、ドロンジョがヤッターペリカンを「ヤッターアヒル」、ヤッターアンコウを「ヤッターナマズ」、ヤッターヨコヅナを「ヤッターふんどしかつぎ」などと言い間違えていた(2008年版でも同様)。
 

入手の経緯について

このメカにの入手についてよく見かける誤解に「木江田博士が昆虫人から奪った」と言うものがあるが、タツノコプロの公式ブックにこうした間違った記述があり、それが広がったのが理由だったらしい。

骨董屋の売り物

ヤッターマン77話「銅仮面だコロン」で、骨董屋のインチキ商売をするドロンボーが、ドタバッタンの脚のニセモノを売りつけようとするシーンがある。

タイムボカン24

クワガッタンが先に登場し、その後にも出番があると思われたが未登場。
しかし、最終話でレオナルド・ダ・ヴィンチによりドタバッタンの設計図がトキオカレンに託される。

続編ではゴーカブトンという3号メカが登場してしまったため、作製されるかどうかは不明と思われたが……。

























これより先は逆襲の三悪人のネタバレ注意
















その後、密かに開発がされていた事が判明、桜島でのビマージョ達との戦闘で初披露される事になった。

ロボモードも実装されているが、それ以外にも秘密の機能が隠されている可能性は高い。