ピクシブ百科事典

PAK-FAの編集履歴

2019-07-16 04:08:00 バージョン

PAK-FA

ぱくふぁ

PAK-FAとは、ロシアの第5世代型戦闘機開発計画である。

概要

ロシア第5世代型戦闘機開発計画の名称。
「PAK-FA」はPerspektivnyi Aviatsionnyi Kompleks Frontovoi Aviatsii (ロシア語:Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации 英語:Future Air Complex for Tactical Air Forces 日本語訳:戦術空軍向け将来戦闘複合体)のそれぞれ頭文字を取ったものである。
1990年代末にミコヤンスホーイの2メーカーから試作案が提出され、スホーイ案が採用された。

機体名
スホーイ案に基いて開発された機体はT-50(社内名I-21)と命名されたが、ロシアではT-14"アルマータ"やAN-94"アバカン"のように兵器や装備品の開発計画で採用されたモデルの愛称に計画名(T-14は『アルマータ計画』,AN-94は『アバカン計画』)が使われる事が度々有り、制式名が与えられるまでは計画名「PAK-FA」がそのまま機体の呼名(の一つ)として用いられた。
或いはロシア国外では韓国で開発された同名の練習機との重複を避けるためでもあったかもしれない。

その後、2017年夏にSu-57として制式化された。

関連動画

Sukhoi T-50 PAK-FA Stealth Technology

United Aircraft Corporation - T-50 Pak Fa Stealth Fighter


関連タグ

戦闘機 ロシア T-50 Su-57