ピクシブ百科事典

死を纏うヴァルハザクの編集履歴

2019-10-09 01:03:06 バージョン

死を纏うヴァルハザク

しをまとうゔぁるはざく

「モンスターハンター」シリーズに登場するモンスター、屍套龍ヴァルハザクの特殊個体

概要

初登場作品は「モンスターハンターワールド:アイスボーン」。以下本文では「死纏ハザク」と省略する。

本来ヴァルハザクは瘴気の谷に適応し屍肉を纏う古龍だったのに対し
死纏ハザクは古代樹の森に適応し胞子を纏って共生する古龍となっている。
そのためか全体的な色合いは白黒っぽくなっている。(通常のヴァルハザクは赤黒い)
白っぽい身体に黒い胞子を纏ったその姿はさながら死神のような雰囲気を醸し出しており
「死を纏う」という異名はここから取られているのではないだろうか。

作中での登場タイミングとしては、イヴェルカーナを討ち祓い
各地の地殻変動と『歌』の正体を探るために各地の古龍を調査するところで登場する。
つまりラスボス一歩手前で邂逅するモンスターであり、前作の通常種と共通する。

戦闘能力は概ね通常種と同様、鈍重だが身体が大きいために避けにくい物理技のほか、瘴気ブレスのバリエーションが増えている。また、胴体と尾の付け根に大きな胞子が付着しており、こちらにも瘴気を溜め込んで定期的に吹き付けてくる。なおこの攻撃は死纏ハザクの意思とは関係無く、敵対視していなくても近付いたハンターに対して自動的に吹き付けてくる。
そして体内および胞子に溜め込んだ瘴気が極限まで高まると、大技としてエリア広範囲に胞子を撒き散らし、スリップダメージ地帯に変えてくる。ナナ・テスカトリのヘルフレア同様凄まじい勢いで体力を削られるので、予備動作を確認したらエリアから離れ、体勢を整え直した方が良いだろう。
また些細なことではあるが、死纏ハザクは胞子を頭部にまで覆っているため閃光が効かない(部位破壊すれば効くようになる)。死纏ハザク出現中は森の空気が淀み、翼竜ジャグラスアプトノスが瘴気に侵蝕されて攻撃的になっている。

関連タグ

モンスターハンターワールド:アイスボーン
古龍種 ヴァルハザク 特殊個体
猛り爆ぜるブラキディオス:特殊な環境に適応、身体に菌を纏わり付け、菌によるカウンター持ち