ピクシブ百科事典

アプトノス

あぷとのす

はい、生肉目当てのハンターに仲間達が狩られてしまうんです。

モンスターハンターシリーズに登場するモンスターの一種。

概要

草食種に分類されるモンスターで、主に緑が豊かで温暖な気候の地域に群れを作って移動しながら生活している。火山帯や砂漠地帯に生息している草食種のアプケロスリノプロスは近縁種にあたる。

草食恐竜パラサウロロフスのような頭部を持ち、ステゴサウルスを初めとした剣竜類のような棘のある尻尾に、ブラキオサウルスなどの竜脚類のような柱状の四足歩行に特化した脚を持つ。これら様々な草食恐竜の要素を組み合わせてデザインされたのだと思われる。

草食種に分類されるモンスターの中では比較的大型の種で、雄は雌よりさらに一回り程大きく成長する個体が多い。資源の豊かな地に生息する個体は、通常よりもさらにもう一回り大きな体格にまで成長する事もあるのだが、性格は非常におとなしくて臆病。
人間が飼いならす事も容易に可能である。
ただし、草食種のモンスターにしては体格はかなり大柄なので、動きは鈍重ながらもパワーはかなりのもの。また、大きく発達して棘の付いた尻尾にはそれなりの攻撃力がある他、野生の個体は場合によっては体当たりや圧し掛かりで反撃を試みる事もあり、一般の人々や小型モンスターにとってはまともに抵抗されればそれなりの脅威となり得る。
とはいえ、鈍重さや臆病な性質もあって単純な戦闘能力はかなり低く、特筆して固い甲殻等を持っている訳でもないので、強大な大型の肉食性飛竜種や獣竜種は勿論、ランポスなどの数を成した小型鳥竜種にさえ襲撃を受ければ大した抵抗も出来ないまま捕食されてしまう。

このように、食物連鎖における第一次消費者を担う代表的な種とされているが、その代わりに繁殖能力はかなり高いようである。

初代を含む多くの作品で、ハンターがまず最初にお目にかかるのがこのモンスターであり、装備の試し切りや操作練習の犠牲にされる。ゲーム中ではどの個体もハンターの攻撃を受けるか、あるいは他の個体が攻撃されているのを確認すると一目散にフィールド外へと逃げて行く。
ただし、子供に手を出すと親が攻撃してくる事もある。
生肉と竜骨【小】が採れるモンスターとしては、恐らく最も代表的なモンスターであり、同シリーズの象徴とも言える肉焼きに使われる肉は、大抵彼らかポポのものである。
彼らの肉は霜降り状で非常に美味しいらしく、酒場や食品店などの一般的な食肉を取り扱う施設においては、アプトノスの肉を見た事が無い者はいないとまで言われる程にメジャーな食材である。

また、前述の通り飛竜種獣竜種を初めとした大型の肉食性モンスター達の好物でもあるので、ムービーやスタミナ回復などでも頻繁に食べられたり攫われたりしている。
ただし、MH3のオープニングにおいては、襲い掛かってきたジャギィを群れで踏みつけ、背中に飛び乗った個体を崖から振り落としてルドロスに食わせるという反撃をしている他、MHOのベンチマークソフトにおいては尻尾でランポスを殴り飛ばしており、流石に小型の肉食性モンスターに対してはいつもやられっぱなしという訳ではない。

こういった生肉としての扱いやムービー等での登場頻度もあって、基本的にモンハンシリーズで草食種のモンスターと言われれば、真っ先にアプトノスかポポを思い浮かべる人が大半である。
それが彼らにとって良い事なのかと言われると何とも言えないが....

モンハンの世界では、現実での馬や牛のように飼いならされて労働力としても重宝されており、大量の物資を一度に運搬する場合は、荷車に乗せてアプトノスに牽引させるのが一般的である。
他にも、捕獲したモンスターの輸送手段や行商人の足としても働いている。
運搬中にアプトノスや積荷を狙うモンスターに襲撃される危険性もあるので、基本的にはそれらの脅威を退ける為、武装したハンターやギルドの関係者が何らかの形で同行するという場合が多い。
臆病な性格故に周辺の異常にも敏感に反応するので、飼い馴らされている筈のアプトノスが急に暴れ出したり、怯え始めたりした場合は、周辺地域で何らかの異変が起きている可能性がある。

小説版でもよく彼らの肉は食されている。養殖を試みた店もあったらしいが、脂が乗りすぎていて食えたもんじゃなかったとか。
ちなみに小説版の世界では、幼体のアプトノスを狩る事は禁じられている。

関連タグ

モンスターハンター 草食種 アプケロス ポポ
パラサウロロフス

関連記事

親記事

草食種 そうしょくしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アプトノス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186740

コメント