ピクシブ百科事典

エピオス

えぴおす

水中に生息するモンスターの中でもダントツの影の薄さを誇る。

モンスターハンターシリーズに登場する草食種のモンスターの一種である。

概要

初出は『モンスターハンター3(トライ)』(MH3)。
草食種の中でも、海で生息しているだけあって大柄な体格を持ち、体長では雄のアプトノスに僅かに足りないが体高は大きい。四肢はオールのようになっており、陸地には滅多に上がって来ない。
普段は水中でイキツギ藻や水草などを食べており、たまに呼吸や日光浴のために水上に出てくる。

言わば「水中版アプトノス」とも言うべきモンスターだが、性格はアプトノス以上に臆病。
大型モンスターに遭遇するなどして身の危険を感じると、パニックを起こしてがむしゃらに泳ぎ回って逃げ惑い、この時は海上に顔を出して呼吸する事すら忘れてしまっている。
普段はのんびりした泳ぎだが、暴走した時は人間ではとても追いつけない程の遊泳速度を出す。

他の草食種同様に、食物連鎖の第一次消費者として、海に生息する肉食モンスター達に頻繁に餌にされており、ラギアクルスに突進をかまされたり、チャナガブルに丸呑みされたり、ガノトトスに打ち上げられたりと、アプトノス並みに扱いは酷い。しかもリオレウスなどの高い飛行能力を持つ飛竜種にも、魚を狙う海鳥の如く水上に出てきたところを襲撃されて攫われている。
一応は、「海竜目」に属しているので、ラギアクルスなどの海竜種とは遠い祖先は同じだったようだが、一体どこで差がついてしまったのだろうか....。

ちなみに「海竜目」に属しているからといって本種が海竜類という訳ではなく、あくまでも遠い祖先が同じだったというだけで、生物学的な関係は殆ど無いに等しい。

加えてエピオスから採れる素材は、ルドロスやアプトノスで足りる為、倒す意味がほとんど無い。また、水中では生肉を焼けないのは勿論、こんがり肉も使えないので生肉を剥ぎ取る意味も無い。

カプコンは彼らをどうしたいのだろうか…。

海水淡水を問わず、常に水上あるいは水中で活動する事や、水草を食べるという点などから、絶滅哺乳類の一種であるデスモスチルスか水棲のオオナマケモノの一種タラッソクヌス、そして草食性の海獣のグループであるジュゴンマナティと言った海牛類などがモデルとされている。

関連タグ

モンスターハンター モンハン 草食種

関連記事

親記事

草食種 そうしょくしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エピオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12846

コメント