ピクシブ百科事典

タラッソクヌス

たらっそくぬす

哺乳綱貧歯目メガテリウム科に属するオオナマケモノの一種である。
目次[非表示]

概要

全長2m。
食べ物は海藻海草等。
生息年代は第三紀中新世後期~鮮新世後期。
南アメリカペルーの沿岸部の浅いに生息。

特徴

メガテリウム等地上性のナマケモノの仲間であるが、このタラッソクヌスは沿岸部の浅いに生息していた海生哺乳類海藻等を食べていたと言われている(参照)。 他の大陸で言えばジュゴンマナティ等の海牛類デスモスチルス等の束柱類、そしてカバ等の鯨偶蹄目と、水中に適応した草食動物の生態的地位にあったと言える。海に適応した貧歯類は、生物の歴史を通じてこの種だけである。 身体はオオナマケモノとしては割と小柄であった。

関連タグ

哺乳類 貧歯目 ナマケモノ
メガテリウム 海獣

pixivに投稿された作品 pixivで「タラッソクヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント